B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Magic Hour  ザ・マジックアワー・・・評価  5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
暗黒界のボスの愛人に手を出した備後登。
そのことがボスにばれてしまい、窮地に追いやられた彼は、命と引き換えに伝説の殺し屋“デラ富樫”を探すことに。だが、その殺し屋は簡単にみつかるはずもなく…。困った登がとった作戦は、売れない三流役者を“デラ富樫”に仕立てあげることだった。


■感   想■
昨年、10月21日に長男を無事出産後、久しぶりに映画鑑賞した記念すべき!?作品です(笑)
「子どもができたら、なかなか映画を観ることはできないよ」と言われていましたが、観る暇って本当にないんですね・・・。TV録画していた映画も、休み休みの鑑賞で、なかなか一気に観ることはできず・・・。(そして、年明けにはレコーダーに録画していた映画のデータがおかしくなり、データ削除するはめに。悲)
それなのに、本作を観ていた時の、うちの子はラスト近辺まで泣くこともなく、ゆっくり映画を観せてくれました。なんていい子なんでしょ(笑)

前置きが長くなりましたが、本作には、私の好きな佐藤浩市さんが出演しているということもあり、映画公開を知ったときから楽しみにしていました。
私の中での佐藤浩市さんは、どちらかと言うと、クールな大人のイメージだったのですが、この映画では、そんなイメージが木端微塵に(笑)
殺し屋に仕立て上げられた売れない役者・村田大樹を、コミカルに演じていて、そのコミカル振りと言うか、ぼけっぷりが最高!!新たな佐藤さんを発見できました。
もちろん妻夫木聡さんをはじめ、他の役者さん達も魅力的だったのですが、私個人としては、佐藤さんの面白さが、この映画を一番盛り上げていたような気がします。
佐藤さん以外で笑えたキャラクターは、戸田恵子さん演じるマダム蘭子。
このマダム蘭子も最高!!戸田さんが演じるから、また味があっていいんでしょうね。彼女の場合、衣装の様変わりも楽しめます。
そして、そして何といっても、少ししか登場しないのに、存在感抜群なのが、唐沢寿明さん演じる売れっ子役者・ゆべし!!本作では、売れっ子!?だけど、イヤ~な感じの役者さんを演じています。『THE 有頂天ホテル』の時は、あの衝撃的なズラもあり(笑)、存在感ありありでしたが、今回はそんな小道具がなくとも、存在感ばっちりだった気がしました。(私が唐沢さんのファンだから、そう思うのかもしれませんが・・・。)

肝心のストーリーですが、映画予告を観れば、ある程度の展開が予想できるのですが、それでも面白いんですよね、これが!!なんだろう、リズムがいいのかな。
さすが三谷幸喜さんが脚本&監督した作品だけあります。登場人物達の会話や、間がとっても心地よいんですよね。
この面白さは、『THE 有頂天ホテル』を、はるかに!?超えていたような気がしました。
洋画好きの私ですが、久し振りに「邦画って面白いんだな」と再認識させてくれたお勧めの映画です。
まだ観ていない方は是非!!


■最後に一言■
『THE 有頂天ホテル』に出ていた人物が登場する・・・と聞いたのですが、例のあの人が出ていました(笑)こんな演出も心憎いですよねっ。


■作品情報■
製作:2008年 日本
上映:136分
監督:三谷幸喜
出演:佐藤浩市/妻夫木聡/深津絵里/西田敏行/綾瀬はるか/伊吹吾郎


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)

スポンサーサイト
現在、お腹に入っているうちのチビはどうやらデカイらしく、産婦人科の先生から「赤ちゃんが大きいと難産になるから、今後の検診で様子をみて、やっぱり大きかったら、早めに出しましょう」と言われていました。

で、先週の金曜日、検診に行ったところ・・・
「37週目にしては、やっぱり大きいねぇ。この重さ(3000グラムちょい)だと、40週の重さだよ」と言われ、「早い方がいいから、来週の月曜日に入院して、水曜日までに出しましょう」と一言。

「そ・・・そうなの・・・。」
実は、早めとは言っても、こんなに急だとは思わず、のんびり構えていたんです・・・。

月曜日の夕方から、風船(バルーン)というやつを使い、翌日の火曜日に陣痛促進剤を点滴して、出産をうながすそうです。
本で読んだら、この風船っていうやつが痛いらしいんですよね~。なもんで、先生から風船を使うって聞いた瞬間、倒れそうになりましたし、ネットで色々調べると、風船も陣痛促進剤もそれぞれにデメリットがあるようで、なんだか怖い気持ちで一杯です。
だけど最終的には、「無事、赤ちゃんがうまれてくれれば・・・」という気持ちだけですね。

ということで、今日のお昼から入院です。
退院後は、しばらく実家生活なんで、ブログは少しお休みします。

また戻ってきたときは、よろしくお付き合いくださいませ~。
nagainagaisatsujin top  長い長い殺人・・・評価  3.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
とある晩、ひき逃げ事件が発生。
だが、死体には頭部を殴打された痕跡があり、被害者に3億円の保険金をかけていた妻・法子に殺人容疑がかけられる。


■感   想■
お目当ての作品が貸し出し中だったこと。宮部みゆきさん原作だったこと。
それだけの理由でレンタル(笑)

どんなストーリーなんだろうと思った瞬間「?」状態。
だけど、すぐに「?」は解決!
なんと、この映画、登場人物達の財布が語り部なんですよ(笑)
面白くないですか???
でも、鈍感な私は、当初「?」状態に陥ってしまったんですよね~。

nagainagaisatsujin 01

本作は、WOWOWのオリジナルドラマとして製作されたようですが、劇場公開されている作品です。
そのためか、ストーリーがオムニバスのように幾つか分かれていて、ラストに全体が繋がるようになっており、映画というよりは2時間ドラマといった感じでした。

出演者がとにかく豪華で、刑事役に長塚京三さん、探偵役に仲村トオルさん、そして容疑者役には谷原章介さん・・・脇を固める俳優さんも、とにかく豪華だった気がしました。
容疑者役の谷原さんは、私の中でいい人のイメージがついちゃってるんで(笑)、容疑者役という悪役を演じられているのにも新鮮味を感じましたし、長塚さんは流石ベテラン俳優さんだけあって、この方が出ているだけで、映画全体が締まったと思いました。

キャストが豪華だと、ストーリーがイマイチな事も多いですが、宮部みゆきさん原作だけあって、内容も面白いものでした。
難を言わせていただければ、映画というよりは、どちらかと言えばドラマ色だったのが残念だったかな~(苦笑)


■最後に一言■
もう一人の容疑者でもある森元法子を演じた伊藤裕子さん。
この人の演技って、こんなに下手でしたっけ?


■作品情報■
製作:2007年 日本
上映:135分
監督:麻生学
出演:長塚京三/仲村トオル/谷原章介/大森南朋/平山あや/伊藤裕子


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)

THE MIST top  ミスト・・・評価  5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
強い嵐がきた翌日のとある町。
デヴィットは息子と隣人と共に、スーパーに買出しへ行くことに。
スーパーに到着した彼らだったが、気がつくと、店の外は視界がハッキリしない程の霧に包まれていたのだった・・・。


■感   想■
良い意味で裏切られた作品でした。
公開時、これまた観に行こうかどうか迷っていたのですが、『ハプニング』を鑑賞しようと決め、本作はDVDレンタル開始まで待つ事にしました。

そして待ちに待ったレンタル開始!
いくらスティーブン・キング原作だとは言え、「期待は禁物だな」と思っていたので、特に期待もせずに鑑賞したのですが・・・。

ネタバレ有りです。

先程も言いましたが、良い意味で裏切られたんですよ。面白かった~!!
ラストがありきたりで終わらなかったのが、最高に良い(笑) ハッピーエンドを望む人には、不満で終わるかもしれませんけど(;^^A
作品全体に人間の本質みたいなものが浮き彫りにされていて、ラストはその集大成だった気がします。もちろん、劇中、不意に出てくるモンスターも気になるところではありますが、私はそれ以上に、この人間模様と言いますか、人間の本質が浮き彫りにされているところに面白さを感じました。

主人公・デヴィッドを演じるのは、ワタクシの大好きな鮫映画『ディープ・ブルー』で大型鮫と格闘していた(笑)トーマス・ジェーン。あの時のような派手なアクションはありませんが、必死で事態を収拾しようとしている父親の姿を好演していました。
彼以上に好演だったのは、ミセス・カーモディを演じたマーシャ・ゲイ・ハーデン。このミセス・カーモディという女性は、観ていて本当に憎たらしくなる女性(笑)つまり嫌なヤツなんですよね。
事態を収拾しようとするどころか、人々の不安を掻き立てる。
しかも、どうやら宗教家のようです。こんな風に宗教を語られると、「ますます宗教への偏見が高まってしまうのでは・・・。」と思うのはワタクシだけでしょうか(;^^A 最後には、モンスターにではなく、人間にズバンとやられてしまうのですが、それまで彼女のおしゃべりにウンザリしていただけに、ある意味、スッとしてしまいました(苦笑) その位、熱演していたんですよね~。
そして、デヴィッドと同じ考えをもつ女性・アマンダを、『サイレントヒル』で女性警官を熱演していたローリー・ホールデンが演じていました。最後まで、あの女性警官とアマンダが同じ女優さんだとは気づかないくらい、印象が変わっていましたね~。
他にも、主人公の脇を固める俳優さんが好演していて、「現実に同じようなことがあったら、きっとこうなるんだろうなぁ」と、感じました。
物語の舞台も、ほとんどがスーパーの中。
この限られた空間の中での出来事を、こんなにうまく、そして面白く作り上げていて、私の中ではHITの映画となりました。


■最後に一言■
ラストに、デヴィッドがトラックに乗った女性に気づくシーン。
スーパーで「子どもを助けたい」と懇願したあのお母さんでしたよね。
あのシーンを見た瞬間が一番、何とも言えない気分になりました。


■作品情報■
製作:2007年 アメリカ
上映:125分
原題:THE MIST
監督:フランク・ダラボン
出演:トーマス・ジェーン/ローリー・ホールデン/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ネイサン・ギャンブル


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




  名探偵コナン 世紀末の魔術師・・・評価  4

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
警視庁に怪盗キッドから犯行予告状が届く。
それは、鈴木財閥が所有するロマノフ王朝の秘宝“インペリアルイースターエッグ”をいただくというものだった・・・。


■感   想■
劇場第3弾となる本作。
先日、TV放送されていたものを鑑賞しました。
私自身、本シリーズを劇場で観たことはなく、TV放映されたものを観るだけですが、それでも、最近のコナン君の劇場版に対しては「映画化するような内容かなぁ・・・」と、正直思っていました。
でも、そんな最近のシリーズ(とは言っても、最近の作品は、10、11作目しか観ていないのですが。汗)と、うってかわって、本作は映画らしい作品になっていたと思います。
お馴染みの怪盗キッドが登場し、鈴木財閥が所有するロマノフ王朝の秘宝“インペリアルイースターエッグ”を狙うのですが、そのお宝も、ストーリーが展開していく内に、ただのお宝ではなく、ある意味、神秘的と言うか、ロマンティックと言うか、素敵なお宝であることがわかるんですよね。
そして、なぜ怪盗キッドがこのお宝を狙うのか・・・その理由も素敵なんですよ~(*^^*)
豪華客船での殺人、お宝の秘密、そして、とある豪華なお屋敷(お城)でのからくり、ワクワク要素が、いっぱい詰まっていて、映画らしい作品に仕上っていたと思います。


■最後に一言■
怪盗キッドと新一の顔が一緒に見えるのは私だけでしょうか・・・(もちろん、キッドが新一に変装する前のお顔です。笑)


■作品情報■
製作:1999年 日本
上映:100分
監督:こだま兼嗣
出演(声):高山みなみ/山崎和佳奈/神谷明/山口勝平/堀川亮


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。