B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kairo top  回路・・・評価 1.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ




■STORY■
大学生活を送る亮介と、一人暮しで平凡なOL生活を送るミチ。
そんな彼らの周りで、いつしか異変が起こり始める。
ミチの同僚が自殺し、勤め先の社長は失踪。
一方、亮介が始めたインターネットの画面には、アクセスもしていないのに 「幽霊に会いたいですか」という奇妙なメッセージが浮かび上がり、黒い袋に覆われた異常なヒトの姿が亮介に迫る・・・。


■感   想■
すごく怖いんだろうと思って見たんですが、そうでもなかったですねぇ。
DVDのパッケージが結構怖かったので、呪怨なみに怖いのかと思ってました。
「ただのホラーにしたくなかった」という監督の気持ちもわかる気はするのですが、映画を見ても中途半端なメッセージにしか受け取れず、個人的にはホラーにするならホラー一直線(笑)にして欲しかったですね。


■最後に一言■
俳優陣は、結構有名どころで固めていましたね~。
意外な箇所で出演されている俳優さんもいるので、チェックするのも楽しいかも!?






スポンサーサイト
dolls top  Dolls・・・評価

  5→かなり面白いっ     
  4→面白いっ       
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
松本と佐和子は結婚の約束を交わしていたが、社長令嬢との縁談が決まった松本が佐和子を捨てた。
佐和子は自殺未遂の末、記憶喪失に陥る。
挙式当日、そのことを知った松本は式場を抜け出し病院へと向かう…。


■感   想■
この映画は、あまり評判の良くなかった作品でしたよね。
主演の菅野美穂さんが好きなので、映画館へと足を運びましたが確かに評判通りでした(悲)
先日、久しぶりにDVDで見たのですが、やっぱり内容は微妙・・・でした。
ですが、菅野美穂さんの演技は最高です!!本当に実力派の女優さんですね。
彼女の演技には何度も涙しました。
この映画は是非、菅野美穂さんの演技力に注目ですっっっっ。




yougisha muroi shinji top  容疑者 室井慎次・・・評価 3.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
新宿で起きた殺人事件で、捜査本部長を務めていた室井慎次。事件は被疑者が逃走中に事故死して決着したが、室井は疑問を拭いきれず捜査を続行する。その頃、被疑者の母親が捜査の行き過ぎを指摘し、室井を告訴した。室井の弁護についたのは、津田法律事務所の新米、小原久美子。名うての弁護士集団を率いる灰原弁護士を相手に、久美子は室井の釈放に奔走するが、その頃警察機構内では意外な思惑が交差していた…。


■感   想■
う~ん。
「面白かったのは、面白かったんだけど・・・」って感じです。
予告が、すんごく面白そうだったので、かなり期待大だったのがいけなかったのかなぁ??
期待しなければ、それなりに楽しめたと思うんですけど。

まぁ、毎度のトリオが笑わせてくれてので、良しとしますか(笑)
私は『交渉人 真下 正義』の方が好きです。

(後日鑑賞時の感想:2008年10月鑑賞)
いやぁ、昔はレビューが短めだったとは言え、我ながら感想らしい感想じゃないなぁと思ってしまいました。(笑)
昨年、TV放送され、録画したものをようやく鑑賞したのですが、劇場で観た時より楽しんで観れた気がしました。あの時、感じたように、個人的には『交渉人 真下 正義』の方が好きなことに、かわりありませんが・・・。
本作は、室井さんが主役ということで、今までの『踊る・・・』シリーズとは、少し違うテイストでした。
全体的に重みがあるというか、ちゃらけたムードがないんですよね。
常に緊迫している感じ。
単純明快な映画が好きな私ですので、劇場での鑑賞時には、本作の緊迫あるというか真面目な雰囲気というか、それについていけなかったのかもしれません。
なもんで、あの3人トリオが出てきた時には、笑えたというか、ある意味、ホッとしちゃいました。
あらためて鑑賞してみると、登場人物の一人一人に個性があり、また脇役でもしっかりとした人物像が描かれていたと思いました。
噛めば噛むほど美味しいスルメのように、観れば観る程、面白い映画なのかもしれませんね。


■最後に一言■
弁護士・灰島がやっていたゲームについてたキーホルダーって、電車の形なのかなぁ??
『交渉人 真下 正義』の犯人の車についていたキーホルダーと似ているなぁ・・・と思ったのですが。




xxx  トリプルX・・・評価

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ




■STORY■
ストリートの悪たちの伝説的ヒーロー、ザンダー・ケイジは、アメリカ国家安全保障局に捕らえられ、これまでの罪を免除してもらう代わりにスパイとして働かされる羽目になり、テロ組織の陰謀うごめくチェコのプラハへ飛ぶ。


■感   想■
監督が「テンポ良い映画に仕上げたかった」というだけあって、テンポはスゴク良かったと思います。
アクションも見所満載です。やはり劇場で見た時の方が迫力ありましたけどね(笑)
印象に残っていたシーンは、モトクロス用のバイクでのアクションシーンと、スノボーを使ってのアクションシーンです。ほんと、めちゃめちゃかっこ良いですよ~。
話の内容はさておき、アクションを是非観ていただきたい作品です。
ただラストシーンの山場は、少し「ワイルド・スピード2」にかぶってるような気がしなくもないですけどね(苦笑)


■最後に一言■
ヴィン・ディーゼル、けっこう好きなので、少し甘い評価になっているかも~







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。