B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ninnin  NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE・・・評価 1.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
忍者ハットリ君こと、服部カンゾウは、父ジンゾウに最後の修行として課せられたのは「主以外には誰にも知られずに、現代の江戸で暮らせ」というものだった。
さっそく東京にやってきたカンゾウは、小学生のケンイチを主に選ぶ。カンゾウの忍術の数々に驚きながらも、ふたりの間には友情が芽生えていくのだが。。。


■感   想■
DVDを貸してくれた友人から「面白くないよ」と聞いていたので、期待はしていなかったのですが、本当に面白くなかったです(悲)
子供が見る分には面白いと思うんですけどねぇ。。。
そんな中で、心に残ったシーンは、ハットリ君がケンイチ君に「掟だから大事なのではない。それを守ると自分で決めた。自分で決めたことを守り通すことが1番大事なんだ」と言うシーンですね。
(あとでDVD特典を観た時に知ったのですが、この映画のテーマは“掟”だったんですね。道理で印象に残る訳です。汗)
映画で何か1つでも学べたり、感動したり、共感できたら良いなって思う方なんで、このハットリ君の台詞はとても良かったと思います。


■最後に一言■
「伊東四郎って、もしかしてこれで起用されたのぉ~。」って感じです(大笑)けっこう笑えます。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。