B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
always  ALWAYS 三丁目の夕日・・・評価 5 

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
昭和33年、東京タワー建設中の東京に住む小説家の茶川。
茶川の向かいに住み自動車業を営む鈴木一家。
そんな彼らの家に新しい住人がやってきて。。。。


■感   想■
私は原作の漫画を愛読しているのですが、この漫画がどんな風に映画化されるんだろう?とスゴク不思議でした。漫画では、色々な登場人物が出てくる短編のお話だったので。。。
ですが、色々な話がうまく繋がっていて、評判通りの面白さでした!!!

どの役者さんも味が出ていて、本当に良かった。
個人的に、子役の一平クンと淳之介君がすごく良かったように思います。
表情から台詞の言い回しまで最高です

私の席の隣には初老のご夫婦がいらっしゃったのですが、「これは懐かしい」とか「これあったよね~」と上映中に何度かそんな声が聞こえてきました。
夫婦で一緒に映画を観て、同じことを感じるって素敵だなぁ

泣けるシーンでは、隣の初老の旦那さんが何度も目頭をハンカチで押さえていました。
私も映画を観てはウルウルし、隣の旦那さんを見てはウルウルしちゃいました(笑)

笑いあり、涙ありのスゴク温かみを感じる映画です。
「日本映画っていいなぁ」と再確認できる作品だと思います。お勧めですよ。


■最後に一言■
“ピエール瀧”の、あのデブったおなかは自前なの???(苦笑)




スポンサーサイト
down with love  恋は邪魔者・・・評価 3.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
“女に恋は必要ない!”と、うたった本『恋は邪魔者』を執筆し、一躍、時の人となったバーバラ。
その本のおかげでプレイボーイを廃業に追い込まれた記者キャッチャーは、バーバラに恋の罠を仕掛け、彼女の主張は嘘だと暴露しようとするのだが・・・。


■感   想■
ただのラブコメディかと思っていたのですが、途中思いもよらないどんでん返しがあったりしてビックリしました。
レネー演じる主人公バーバラはある意味、恋に対して計算高いのですが、その計算高さを感じさせません。計算までもが純粋な恋に見えて、とてもかわらしい女性と思わせます。

DOWN WITH LOVE 01

ストーリーも楽しめますが、ファッションもなかなか良いですよ。
特に女性陣は色々な服を着るので、見ていて飽きません。

軽い感じで楽しめる作品ですね。


■最後に一言■
有能なキャリアウーマン、ビッキーは主役の2人に負けず劣らず魅力的でした






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。