B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
unfortunate events  レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語・・・評価 4.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
両親を火事で亡くした裕福な家のヴァイオレットら三姉妹弟が、遠縁のオラフ伯爵に引き取られることに。しかし伯爵の狙いは両親の遺産にあることを知ったヴァイオレットたちはそこから逃走。
しかし、伯爵はその後も3人の後を追いかけ続け。。。


■感   想■
こういう映画大好きです!!
お話も勿論ですが、映画導入部分にアニメがあったり、音楽も独創的な感じがして良かったですね。セットや衣装がティム・バートン風(笑)だったのも良かった。
(ワタクシ、ティム・バートン系好きなもんで)
本当は映画館へ観に行きたかったのですが、「あまり面白くない」と噂で聞いていたので、やめました。。。「劇場で観ても良かったなぁ。。。」と今頃思い、少し反省(苦笑)

キャストですが、主人公の子供達3人がとにかくかわいいっ。
お気に入りは、長女ヴァイオレットと次女サニー。
サニーは赤ちゃんなのですが、本当に愛くるしくて、彼女のファンになった方は多いはず(笑)
それにしても、メリル・ストリープが出ていたのには、ビックリしました!!!
その衝撃は、「ハリーポッター」にエマ・トンプソンがでていたのと同じ位(大笑)
オラフ伯爵邸での観劇シーンでは、有名なあの俳優さんも出ているので(誰かは観てのお楽しみ)その辺もチェック項目のひとつですね。
子供だけでなく、大人も楽しめる作品だと思います。
感想書いている傍から、また観たくなっちゃった(笑)


■最後に一言■
良い意味でも悪い意味でも、ジム・キャリー演じるオラフ伯爵のキャラが濃すぎました。
彼は個性が強いので、他の出演者さんより一人目立ってしまう感がありますが、今回の主人公3人組は、彼に負けず劣らず、個性が光っていたような気がします。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。