B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hide and seek  ハイド アンド シーク 暗闇のかくれんぼ・・・評価 4.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
9歳のエミリーは母の自殺をきっかけに心を閉ざしてしまう。
父親のデビットは娘の心の傷を癒すため、郊外へと引っ越すが、娘は架空の友達“チャーリー”と遊ぶようになる。
チャーリーの出現により、飼い猫が殺されたり、バスルームに残酷な落書きがあったりと不可解な出来事が起こる。


■感   想■
母親を亡くした娘エミリーと、妻を亡くした夫デビット。
2人の複雑な親子関係がうまく表現されていたと思いました。

HIDE AND SEEK 01

私は最後まで、チャーリーの存在がよくわからなかったので、その点に関しては「面白かった」でしたが、あら捜しをすると微妙な点が幾つかありましたね。
架空の友達チャーリーの出現後、父親は娘の為に、ある女性エリザベスと知り合うのですが、エリザベスという女性が、なんだかなぁ(阿藤快風。笑)
知り合って間もないのに、ずっと前からの知り合いのように父娘の間に関係に入り込もうとします。
「えっ、それは図々しくないかい」って思っちゃいましたし、そこまで2人にからもうとするエリザベスの動機付けが弱いような気がしました。
あと、よくわからないのが隣の住人。「だからどうなの??」という感じ(苦笑)
私の映画友達はすぐにチャーリーの存在について気がついたそうなので、イマイチだったようです。
ですが、私のように展開が読めなかった方には面白い作品だと思いますよ(笑)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。