B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
honoguraimizunosokokara top  仄暗い水の底から・・・評価 3.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
夫と別居し、5歳の娘・郁子と一緒に古びたマンションに引っ越して来た淑美。
しかし入居してまもなく、淑美の周りでおかしなことが起こりはじめる。


■感   想■
黒木瞳ちゃんが好きなので、いつかこの作品を観たいと思っていました。
けど、ジャパニーズホラーって怖いですよねぇ。
夜、トイレに行けなくなっちゃうんで(笑)さけてました。

原作は「リング」でおなじみの鈴木光司さんです。この方の作品って面白いんですよ。
なんで、まずは原作本から入りました。
原作は水にかかわる話が詰まった短編集になっていて、この映画になったお話も、その中の一つです。これをどのように映画化するんだろうと思っていたのですが、あの短い話をここまで仕上げた中田監督すごいなぁっていう感じですね。
原作を知らなければ、世の中の方と同じ酷評になっていたと思うんですけど(苦笑)

確かに、ホラーとして観ると物足りなさを感じると思います。
私自身、ホラーの怖さを感じるより、母親の娘に対する愛情の方が感じました。
映画を観た後、オカンを大事にしようっていう気持ちにもなりましたしね(笑)

ただラストに近づくにつれ、ちょっとイマイチになっちゃったかな。
途中までは、けっこう良かったのに、最後のEVのシーンと10年後のシーンはかえって興ざめしちゃいました。。。
それが少し残念かな(悲)


■最後に一言■
ワタクシ的には、ミツコちゃんよりイクコちゃんの方が怖かったです。
髪型のせいかなぁ(笑)


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。