B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
in her shoes top  イン・ハー・シューズ・・・評価 4

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
ルックスは最高だけれど責任感ゼロで問題ばかり引き起こす妹マギー。
弁護士というキャリアを築いているけれど、自分を押し殺してきた姉ローズ、そしてとある心の傷を引きずってきた祖母のエマ。
そんな3人が自分らしい人生を築こうとする・・・。


■感   想■
同僚の陳さんから「これチャラノリさんが好きそうな映画だよ」と言われ、DVDを貸していただくことに。

「陳さん、正解です。笑」あなたの予想通り、面白かった。

もっと、これみよがしに「いい映画なのよ~」って押し付ける感が劇中に漂っているんだろうなぁ(そういう映画ってあるじゃないですか。笑)と正直思っていたのですが、全然そんな事はなく、心地よく進んでいきました。

IN HER SHOES 01

キャメロン・ディアスが出るということしか知らなかったのですが、映画の冒頭シーンで、お姉さん役にトニー・コレットが出ると知り、興味度up(笑)
この女優さん『シックス・センス』でコール少年の母親役を演じたのですが、その時の演技が最高だったので、気になっていた方だったんですよ。
この映画での演技もナカナカでしたよ。
キャメロン演じる奔放すぎる妹を飽きれつつも、見捨てることができない姉のジレンマをうまく表現していたと思います。
もちろん妹役のキャメロンもさすがでしたね。
妹が姉に対して犯してしまった罪。それによって引き裂かれてしまった2人の感情。
その2人の感情が等身大に描かれていたように感じました。

映画を見終わって感じたことは、「姉妹っていいなぁ・・・」ってこと。
特に、こんなお姉さんがいたらいいなぁと切に感じました。


■最後に一言■
キャメロン・ディアスの完璧ボディ健在でした!!!ほんと素敵っ。
ただ顔がupになった時には「あぁ~、やっぱり年とっちゃったな」って感じちゃいましたけどね~(汗)


■作品情報■
製作:2005年
上映:131分
監督:カーティス・ハンソン


人気blogランキングへ←気にいってもらえたら、クリックしてね

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。