B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




前作までは、読んでいてもワクワク・ドキドキ感があったのですが、今作品は微妙でした。
全体的に暗いんですよね。ある登場人物もいなくなっちゃったし(悲)
シリーズの中では、一番イマイチに感じました。
ハリー自身の怒りっぽいところが前面にでていて、読んでいてイライラしちゃう部分もありましたし、ハリーの事が少し嫌になったりもしました(苦笑)

既に6巻を読んだブログのお友達によると、6巻は5巻より更に暗くなっているそうです。
う~ん、6巻を読むのが楽しみなような、楽しみでないような・・・・。

発売:2004年
著者:J.K.ローリング
発行:静山社


人気blogランキングへ←気にいってもらえたら、クリックしてね

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。