B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  死ぬまでにしたい10のこと ・・・評価

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
23歳という若さで、がんで余命2か月と宣告されたアン。
彼女はやり残したことをノートに10コ、書き留める。
オシャレのこと、ふたりの娘のこと、そして夫以外の男と付き合ってみることに…。


■感   想■
観たくて観たくてたまらない映画でした。
レンタルしようにも、タイミングが悪く、いつも貸し出し中(悲)
半年以上待って、ようやく借りることができました。

半年以上待ったかいがあるかどうかと言うと・・・。

残念ながら、なかったですね(悲)
ジーンとくるシーンはたくさんあったのですが、ありきたりな感じに収まってしまったのは残念でした。
主人公のアンが病気の告知をうけても誰にも言わずに一人で戦っている姿はすごいと思いましたが、一人で戦おうと決めた理由がイマイチ私には伝わってこなかったし、早くに結婚&出産し、たくさん恋ができなかったので、10コの項目の中の1つに”恋をする”としたのでしょうが、あんなに仲の良い旦那さんがいて、恋ができるものなのかと不思議になりました。
ただ、彼女が「病院に入院している姿を娘達に見せたくない。」と言った一言は、とても印象に残りました。幼い娘達の記憶に、病院に入院している母親の姿を残したくないという彼女の気持ち。自分のことよりも周囲の人達に気遣う心遣い。そうした芯の強さを見せてくれた気がしました。

MY LIFE WITHOUT ME 01

この手の映画を観ていつも感じるのは、健康のありがたさ。
周囲の人達への感謝の気持ちを忘れないということ。
日々、大切に生きるということ。

現状に感謝していない日々を過ごしている私。
この映画を観て何が大切なのかを再認識することができたのは良かったかな。

■最後に一言■
アンを演じたサラ・ポーリですが、彼女が11歳の時に女優をしていた母親がガンで亡くなったそうです。彼女が演じるアンもガンになる設定。そう考えると感慨深いものがありますよね。

■作品情報■
製作:2003年
上映:106分
監督:イザベル・コヘット
出演:サラ・ポーリー/スコット・スピードマン/デボラ・ハリー/マーク・ラファロ


人気blogランキングへ←気にいってもらえたら、クリックしてね

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。