fc2ブログ
B級映画も結構好き(笑)な九州人。
TALES FROM EARTHSEA top  ゲド戦記・・・評価 2.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
アースシーでは、人間と同じ世界で共存しないという竜が人間界で共食いを始めたり、農民は田畑を捨てたりと、さまざまな異変が起こり始めていた。
そんな時、大賢人・ゲドはとある旅で、国を捨てた王子アレンと出会う。


■感   想■
今作品に限らず、宮崎作品を観た後に、いつも思うことは「DVDで観た方が面白い」ってこと(;^^A
そうは思いつつ、毎回、映画館で観てしまう私なんですけどね。

前回『ハウル・・・』の時、「なんだか不完全燃焼だな」って感じたんですけど、今回はそれ以上。
不完全燃焼過ぎです。
伝えたいとしていることも、なんとなくはわかるのですが、「面白い」って感じることができませんでした。
そして映像もイマイチ。
特にアレンの怒りの時の顔のアップなんて、ウメズカズオさんの描く恐怖漫画の顔と相通じるものがあったような~(大笑)

結局、なんでアレンが自分の父親を刺してしまったのかなど、映画を観ているだけでは、わからなかったし、他にも「なんで?」「これって???」っていうような事が多すぎたような気がしました。
『ゲド戦記』って映画タイトルにもなっているのに、ゲドよりアレンの方が戦っている感があったしなぁ・・・。

宮崎アニメって、どうしてもスゴク期待しちゃうんですよね。
その期待が大きすぎるから「面白い」って感じることができないのかな・・・。
あと、声優さんも、だいたい決まってますよね。
「えっ、またこの俳優さんが声するのぉ」って思ってしまいます。 確かに、魅力的な声だとは思いますが、ちょっとなぁ(;^^A
ただ、菅原文太さんは個人的に大好きなので、彼の声にはしびれてしまいました~(大笑)


■最後に一言■
結局一番印象に残ったのは、「テルーの唄」だけでした。
この歌の物真似を相方にしてみたのですが、「似てない」って呆れられちゃいましたけど(笑)


■作品情報■
製作:2006年
上映:115分
監督:宮崎吾朗
出演:(声) 岡田准一/手嶌葵/菅原文太/田中裕子/小林薫/夏川結衣


人気blogランキングへ←参加しています。気にいってもらえたら、クリックお願いします

スポンサーサイト