B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
UNITED 93 top  ユナイテッド93・・・評価 4.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
2001年9月11日。大勢の乗員・乗客を乗せたユナイテッド航空93便は、離陸後にテロリストによってハイジャックされていることが判明する。やがて、その情報は搭乗者のみならず、地上にいる彼らの家族や管制塔にも伝わった。耳を疑う情報が流れ、想像を絶する恐怖に襲われながらも、機内の人々は一丸となってある決断を下す。


■感   想■
言葉にならない・・・というのが一番の感想でした。
映画というよりドキュメンタリーのようだった今作品。
当時を思い出しました。

当時、外出先から戻った時に、友人から一通のメールがありました。

「テレビつけて」

たった一言だったので、何チャンネルなのかもわからず、とりあえずTVをつけたら、飛行機が貿易センターに激突する瞬間の映像が目に飛び込んできました。

一瞬、映画かと思いました。

「この時間に映画やってたっけ?」と思った瞬間、それがニュースで流れた映像だとわかった時の衝撃・・・。
実際、映画の中でも、この瞬間の映像が流れるのですが、あの時の衝撃を思い出しました。
言葉が出ないって、こういうことなんですね。

UNITED 93 01

本作では貿易センターに激突した2機ではなく、他の場所に墜落してしまった1機の機内での様子が描かれています。
あまりにもリアル過ぎて、その場にいたような気分にさせられました。
途中、管制塔などのやり取りのシーンがわかりにくかったのが・・・と感じましたが、あとは、目が画面から離せなかったですね。

キレイ事かもしれませんが、多くの方にこの作品を観てもらい、テロというものがどういうものか、ということを再認識してもらいたいと思いました。
また、最後まで諦めずに戦った乗客の方。自分には同じ事は出来ないと思いました。
怖くて諦めたと思うのですが、この映画を観て、最後まで生き抜こうとする強さを学んだような気がします。
上っ面だけの映画ではなく、本当にいろんな事を感じさせてくれたり、学ばせてくれる映画だと思います。


■最後に一言■
管制センターや米軍のスタッフには、当時、この事件に立ち会った実在の人物によって演じられている役もあるそうです。だから映画にリアリティが増すんでしょうね。


■作品情報■
製作:2006年
上映:111分
監督:ポール・グリーングラス
出演:ハリド・アブダラ/ポリー・アダムス/オパル・アラディン/ルイス・アルサマリ


人気blogランキングへ←参加しています。気にいってもらえたら、クリックお願いします

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。