B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE LAST ST TOP  X-MEN ファイナル ディシジョン・・・評価 4.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
人間との共存を願うミュータントの組織”X-MEN”が弱体化する中、仲間を救うために死んだジーン・グレイが復活。
その一方、ミュータントを人間に変える新薬“キュア”が開発され、ウルヴァリン、ストームら、ミュータント達は究極の選択を迫られることになる


■感   想■
記念すべき!?200本目の映画感想は『X-MEN/ファイナル ディシジョン』です!
昨日、レディースデーだったので、友達と観に行ってきましたぁ(≧∇≦)
この映画には、大好きなイアン・マッケラン(マグニートー役)が出ていることもあって、他の映画より入れ込んでるかも~(笑)

ネタバレ有りです。

前作より数段面白いと思いました。もう一回、映画館で観たいって思った位!!
映像もすごくなっていたし、ストーリーも人間(ミュータント?笑)模様が、前作より掘り下げて描かれていたからかな。
だけど、私の大好きなミスティークが、前半にチョロっと出ただけだったのには工エエェェェΣ(´Д`*))))でしたね。
あんまりです。(悲)
マグニートーには他のミュータント達がサポートについていたけど、そのミュータント達ってキャラがイマイチ冴えなかったし(≧ヘ≦)カムバ~ック、ミスティークって感じでしたね(笑)
ミスティークの出番がないのと同じ位、微妙に思ったのは、青い毛玉のおじちゃん。
特種メイクが微妙だったし、そこまで愛着が持てるようなキャラじゃなかったなぁ。

X-MEN THE LAST STAND 01

ビックリしたのは、主要キャラがバッタバッタと死んじゃったこと(苦笑)
スコットが死んじゃってビックリしていたとこに、プロフェッサーが死んじゃう?し。
ラストはジーンでしょ。
まさかジーンを殺しちゃうとは思わなかったから、ほんとビックリしました。
(余談ですが、この時、マグニートがジーンの力を見て、「私はなんてことをしてしまったんだ」って言う台詞があるんだけど、あれは、個人的に言って欲しくない台詞でした。。
だって、彼女の力はわかっている筈だし、彼には最後まで悪役?に徹して欲しかった。
中途半端な悪役なんてぇ~ん、見たくなかったかも。)

映画の中で一番感じたのは、マグニートがプロフェッサーの事を想っていたんだなぁっていうこと。
敵対している中にも、お互いに対する敬意が劇中何度も感じられました。
敵対はしていても、旧友なので、やっぱり縁を断ち切ることはできないんだぁと、変なところで感動しちゃいました(;^^A

エンディングロールを最後まで観たのですが、あれって次につながるような終わり方のような気がしたのですが、ファイナルって映画のタイトルにある位だから、本作品がラストになるのかなぁ???
プロフェッサーって、実は死んでないの?
劇中、プロフェッサーとウルバリンの会話の中で、他の人の意識にうんちゃら・かんちゃらって言っているシーンがあったから、なんかそれに絡んでいるのかな?
とにかく???な終わり方だったから、その謎は解きたいなぁ。


■最後に一言■
感情を抑えられない、もう一人のジーンの顔。
なんかゾンビみたいで、怖かった(;^^A


■作品情報■
製作:2006年
上映:105分
監督:ブレット・ラトナー
出演:ヒュー・ジャックマン/ハル・ベリー/イアン・マッケラン/パトリック・スチュワート


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。