B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  キャプテン・ウルフ・・・評価

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
アメリカ海軍特殊部隊のエリート軍人キャプテン・ウルフにある日新しい任務が下される。
それは、5人の子供たちのベビーシッターだった・・・。


■感   想■
マッチョでクールなイメージのヴィン・ディーゼルがベビーシッターの役なんて、それだけでも興味津々丸ですよね~(笑)
ワタクシ、ヴィン・ディーゼル大好きなので、公開当初、劇場に行くかどうか悩んだのですが、結局DVD鑑賞となりました(;^^A
でも、正直DVDで十分だったかな。

お話的にもベタだし、目新しい素材もなし。
特に可もなく不可もなく・・・そんな感じの映画でした。

面白どころと言えば、やはりヴィン・ディーゼルが子供のオムツを替えたりだとか、子守唄を歌ったりするとこで、あとは、賊と戦うときに、家にある箒やテニスラケットで戦うのが面白かった位かな。

なもんで、特に印象に残らない映画になってしまいました(;^^A


■最後に一言■
ヴィン・ディーゼル、本当に赤ちゃんをかわいがっていたようですね。
撮影中以外でも、ずっと抱いていたそうです(≧∇≦)


■作品情報■
製作:2005年
上映:95分
監督:アダム・シャンクマン
出演:ヴィン・ディーゼル/ローレン・グレアム/フェイス・フォード


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。