fc2ブログ
B級映画も結構好き(笑)な九州人。
DEATH NOTE top  DEATH NOTE 前編・・・評価

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ 



■STORY■
「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と記されたノートを拾った夜神月。
興味本位で他人の名前をノートに書いたところ、その名前の人間の死を知る。
最初は恐怖を覚えた月だったが、やがて凶悪犯罪のない平和な世界を作ろうと、凶悪犯たちの名前を次々とノートに書き始めた。


■感   想■
原作がとても大好きなので、映画公開されると知ったときは、どのように映像化されるのか楽しみでした。

大好きな作品ですが、劇場で観ていないんですよね(;^^A
実は、主演(ライト役)の藤原さんがあまり好きではなく・・・(-_-#)
彼、かっこいいとも思えないし。(藤原さんファンごめんなさい。)
「原作のライトは、めっちゃかっこ良いのに、なんで?なんで?藤原さんなの???」と思う気持ちが強く、足が遠のきました。
だけど、映画館に行った友達から「めっちゃ面白かったよ」と聞き、観に行かなかったことを大後悔Σ(ŎдŎ|||)

TVで放映されていたビデオを借りることができ、昨晩やっと観賞することができました。
思っていたより、藤原さんは好演だったし、かっこ良かった。
一番良かったのは、松山君演じるL (≧∇≦)
映画のチラシを見た瞬間から、「L、そっくりすぎるっっっ!!!」と思っていたのですが、演技を見て更に強く感じました。この役は松山君以外は考えられないですよっっ。
しぐさや風貌、そっくりすぎます・・・(笑)

気になっていたのは、死神・リュークの登場。
俳優さんが演じるのか、はたまたCGか。それが一番気になっていたかな(笑)
人間(俳優)が演じるなら、布袋さんがピッタリだなぁ~とか(笑)
結局はCGでしたが、リュークの声を担当した中村しどうさんの雰囲気もなかなか良かったなぁ。

前編となる本作は、原作と違う展開をみせますが、「これもあり」です!!!
原作を知っていても面白く感じる映画ってすごくないですかっっ。
これは後編が楽しみです~。いつ観に行こうかなぁ・・・。


■最後に一言■
ライトがノートを使おうと思った動機は、映画の方が共感できたなぁ。
それにしても、L役はピッタリだと思ったのですが、ライトの家族はイメージと違うような~(;^^A


■作品情報■
製作:2006年
上映:126分
監督:金子修介
出演:藤原竜也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)

スポンサーサイト