B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  グエムル-漢江の怪物・・・評価  2.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
ソウルの中心を南北に分けて流れる漢江に突如正体不明の巨大怪物(グエムル)が現れた。
河川敷の売店で働くカンドゥの目の前で、次々と人が襲われていき、彼の愛娘のヒョンソがグエムルにさらわれてしまう・・・。


■感   想■
劇場に観に行こうかどうか迷った作品でした。
だけど、観に行かなくて良かった~。これに1,800円は出せないよねぇ。
ホラーとコメディが入り混じってる感じがして、個人的にはホラー一色にして欲しかった。
ところどころのコメディに閉口状態(苦笑)だったもん。
だけど、なぜか2時間という時間があっと言う間に過ぎました。
っていうことは、意外と面白かったのかな?(苦笑)

グエムルっていうのは、怪物っていう意味らしいのですが、この怪物が実にうまくできていたのにはビックリしました。
それもそのはずですよね。
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどを手がけたニュージーランドのWETAワークショップが、この怪物を作ってたんだもの。
そりゃ、よくできているはずだわ~(笑)

怪物が登場するシーンは、ドキドキして面白かったんのですが、ストーリー的に今一歩踏み込めず。ですが、怪物にさらわれたヒョンソを演じたコ・アソンちゃんの演技はナカナカだったと思います。


■最後に一言■
環境問題や家族愛などもテーマになっていたんだろうけど、あんまり響いてこなかったなぁ。
いっそのこと、ただのホラー映画にしちゃえば良かったのに(苦笑)


■作品情報■
製作:2006年
上映:120分
監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ/ピョン・ヒボン/パク・ヘイル/ペ・ドゥナ/コ・アソン


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。