B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  プラダを着た悪魔・・・評価  4

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
ジャーナリストを志しているオシャレに関心のないアンディ。
彼女は、自分の夢を叶えるため、無謀にも一流ファッション誌ランウェイの面接を受ける。
編集長ミランダのジュニア・アシスタントの仕事をすることになったのだが、それは24時間公私の区別なく携帯が鳴り続ける悪夢のような仕事だった。


■感   想■
「面白い」「ミランダ役のメリル・ストリープが良い」
と、噂で聞いていたのですが、噂通りでした!!!
決して目新しい題材ではないと思うのですが(苦笑)、それでも惹きつけられるんです!
私は、飲み会の後に鑑賞したのですが、深夜だし、お酒も飲んでるし、すぐ寝ちゃうハズの状況なのに、全然眠くならないの!!!
テンポも良かったし、噂通りミランダ役のメリル・ストリープが最高に良かった。
彼女の演技って本当にすごいんですよね。映画ごとに受ける印象が違うし「この役は彼女の為にあるのでは・・・」と思うくらい(笑) 
映画のタイトル通り、ミランダが悪魔のように思えるシーンもあるのですが(笑)、彼女は人に厳しく言う以上に自分にも厳しく、仕事をキチンとこなしているということが、言わずとも伝わってきたし、それだからこそ、スタッフはついていくのでは・・・とも感じました。
ラストにミランダが生き残るためにとった手段は確かに卑劣な行為だったかもしれませんが、それを「またチャンスをくれるはず」と言ったナイジェル。その言葉はミランダを信用してきた経緯があるからこそ出た言葉のように感じました。
そんなミランダの助手・アンドレアを、アン・ハサウェイが演じていたのですが、彼女のキュートさが全面に出ていて、これまた良かったと思いました。彼女の出演作品を観るのは、これが初めてになるのですが、ほんとかわいい女優さんですよねっ。

THE DEVIL WEARS PRADA 01

映画の内容やキャストも良かったのですが、一番印象に残ったのは、ファッション業界というのは大変な世界なんだなぁということ。
あんなに大変だとは知りませんでした~。


■最後に一言■
アンドレアがナイジェルに相談するシーン。
彼が彼女に言った「君は努力していない。愚痴を並べているだけだ」と言った台詞は、私自身に言われているようで、心にひびきました。


■作品情報■
製作:2006年 アメリカ
上映:110分
監督:デヴィッド・フランケル
出演:メリル・ストリープ/アン・ハサウェイ/エミリー・ブラント/スタンリー・トゥッチ


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。