B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  エラゴン 遺志を継ぐ者・・・評価  3.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
遥か彼方の帝国アラゲイジアは、エルフやドワーフが人間と共存する平和な土地だったが、邪悪なガルバトリックス王の圧制のため、帝国は大きな混乱の中に・・・。
そんなある日、17歳の少年エラゴンは、森の中で光を放つ青い石を見つけた。
それは、世界の命運を握るドラゴンの卵だった!


■感   想■

「今まで観た映画がMIXされた感じ。」

一言で言うとそんな感想でした。
特に『ロード・オブ・ザ・リング』『ナルニア国物語』のシーンとオーバーラップした箇所がいくつかありました。
でも一番かぶった感があったのは、『ダンジョン&ドラゴン』という同じくドラゴンが出てくる映画でした。 内容は全然違うものなのですが、ブロム演じるジェレミー・アイアンズがこの『ダンジョン&ドラゴン』に出ていたので、この映画のイメージが払拭されずに観てしまったからなのです。
多分、この手映画を初めて観たのなら、すんごく面白いと感じることができたと思います。

ERAGON 01

キャストですが、主人公エラゴンを演じるのは新人のエド・スペリーアス。彼はなんと20万人から選ばれたそうです。さわやかで、エラゴンを演じるにはピッタリだと思いました。
そして、アーリア役のシエンナ・ギロリー。すごくキレイでしたよね~。
「この女優さんキレイだな~」と思っていたのですが、彼女<『バイオハザードⅡアポカリプス』や『ラブ・アクチュアリー』に出演していたんですね。
『バイオハザード・・・』のジル役と知った時にはビックリしました。印象が全然違うんですよ。黒髪で男勝りのような役だったジル。こんなに印象が違うとは。さすがです(笑)
そして悪役として登場したのが、ジョン・マルコヴィッチ。
彼とジェレミー・アイアンズは、デカプリオ主演の『仮面の男』でも共演していましたよね。
そんなこんなで、キャストはかなり豪華ですし、映像もナカナカ。
面白いとは思うのですが、個人的に『ダンジョン・・・』が払拭できないので(笑)、評価は低めかも。


■最後に一言■
映画の原作は、クリストファー・パオリーニ。彼は15歳で物語を書き始め、17歳で自費出版したそうです。すごい才能だと思うし、彼の行動力には脱帽です!!


■作品情報■
製作:2006年 アメリカ
上映:104分
監督:シュテフェン・ファンマイアー
出演:エド・スペリーアス/ジェレミー・アイアンズ/シエンナ・ギロリー/ロバート・カーライル


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。