B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  悲しき天使 Those Were The Days・・・評価  3

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
多摩川の河川敷で発見された男の射殺死体。
犯人は泰造の子供、和夫と那美の2人だった。
そして姉の那美は姿をくらませる。警視庁の女刑事・河野薫は、逃亡した那美がかつての恋人の元へ行くと感じ、彼が住む別府へ向かった・・・。


■感   想■
この映画のロケ地・大分県別府市(温泉で有名)は、知っている場所なので、映画公開時から気になっており、レンタル開始を心待ちにしていました。
しかも、最近お友達になった方が、なんとこの映画のエキストラで参加したとの事。
本人からは「台詞はあったけどカットされているかも。実はまだ観てないんだ」と一言。
こんな事聞いちゃったら、

観たくなる気分、倍増ですよねっっっ。

早速、一昨日の晩、相方を誘って一緒に鑑賞したのですが、二人とも
「こ・・・これって映画じゃなくて2時間ドラマで良かったんじゃないの?」という感想でした。
義父を殺してしまった犯人。そして犯人を追跡する捜査官2人。
ただのサスペンスではなく、彼らや彼らの周囲にいる人達の人間模様を丁寧には描いていたのですが、映画化する内容では正直なかったような気がします。
主人公演じる高岡早紀ちゃん、上司役の岸部さん、そして脇を固める個性派俳優さん達は雰囲気が出ていて良かったと思いますが、犯人・那美役の山本さんの演技が・・・。
なんか台詞が棒読みのような気がするのは私だけでしょうか~(苦笑)
黙っているシーンや映像特典で見た彼女の方が雰囲気でていたよなぁ。

私は新作料金で借りたのですが、旧作扱いで見た方がいいかもですね(笑)


■最後に一言■
結局、友人の出演シーンはありませんでした。(見逃してないとは思うのです)
5時間待ちだったらしいのですが、映画界ではそんなことは日常茶飯事なんでしょうね。


■作品情報■
製作:2006年 日本
上映:113分
監督:大森一樹
出演:高岡早紀/岸部一徳/山本未來/河合美智子/筒井道隆


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。