B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  スケルトン・キー・・・評価  4

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
ルイジアナの屋敷で住み込みとして働くことになった看護婦のキャロライン。
彼女が働くことになった屋敷には、なぜか鏡が一つもなく、至る所に魔よけのレンガくずがまいてあるという奇妙な家だった。
ある日、屋敷裏部屋の奥にある小部屋に気づいた彼女。
だが、その小部屋はマスターキーでも開けることができない部屋だった・・・。


■感   想■
レンタルショップで、DVDパッケージを観て、その映画が観たいと思ったことありませんか?
私はだいたい、パッケージにつられます(笑)
しかも、裏パッケージはストーリーが書いてあるから表面しか見ないんです。
なもんで、失敗することもよくあるんですが、この映画は違いました。
ずっと気になっていたのですが、怖そうなので、観ようかどうしようか悩んでいたときに、ブログのお友達の小六さんのとこで、この映画のレビューを発見。
「面白かった」と書いてあったので、早速レンタルしてみました。

この映画、ラストが意外な結末を迎えるんですよ。
これにはビックリでしたね。
ラストで、登場人物達の不可解な言動が納得できます。
なかなかよく出来ていましたが、私の中で、以前見たスティーブン・キングの「ローズレッド」というホラーのドラマとかぶってしまったので、新鮮さを感じられなかったってことだけが残念でした。
だけど、この映画が日本未公開っていうのは不思議ですよ。
他の面白くない映画は公開されていて、これは公開されていないのには本当???です。


■最後に一言■
ラブ・コメディ映画の印象が強いケイト・ハドソンが主人公・キャロラインを演じています。
いつもと感じが違う彼女。必見ですよ~。


■作品情報■
製作:2005年 アメリカ
上映:104分
監督:イアン・ソフトリー
出演:ケイト・ハドソン/ジーナ・ローランズ/ジョン・ハート/ピーター・サースガード


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。