B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  トゥモロー・ワールド・・・評価  3

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
西暦2027年。
18年間、子どもが生まれないという異常事態が続いていた。このままでは人類絶滅の危機。そんな中、国家の仕事に就くテオは、人類存続に関係する重要な情報を知ることとなる。


■感   想■
この作品も劇場公開時に気になっていた1本でした。
先日やっと鑑賞することができたのですが、正直自分が思っていた内容と違っていました。
「コレ、テロ系映画や戦争映画じゃないよね?」っていうのが一番の感想。
実は、『ウルトラ・バイオレット』や『イーオン・フラックス』ようなタイプの映画だと思っていたんですよ。こんなに現実味がある映像だとは思いもしませんでした。
個人的にテロ系や戦争映画は苦手なので、観ていて何度か目を覆いたくなるシーンがあり、観終わった時には少々疲れが・・・。

ネタバレありです。

劇中、一番ビックリしたのは、ジュリアン・テイラー役のジュリアン・ムーアがあまりにもあっけなく殺されたこと。
そ・・・それなら、この役は他の女優さんでも良かったんじゃないの?って感じでした。
『インサイド・マン』のジョディーの登場回数にビックリしたのと同じくらい(笑)
この位の登場回数(時間)でも、DVDパッケージの表紙を飾るのね・・・(苦笑)
あと感じたことは、子供ができない世界になった未来に、なぜ彼女だけ妊娠したのか。
奇跡という一言では納得できない部分もありましたし、未来につながる大事な子供だということはわかるのですが、その為に何人もの人々が死んでいくということにも、個人的には納得できませんでした。

CHILDREN OF MEN 01

一番良かったのは、主人公テオドア・ファロン役のクライヴ・オーウェンの演技ですね。
当初「こんなことに巻き込まれて・・・」と、渋々にも見える態度をとっていた彼が、赤ちゃんを守ろうと必死になっていく姿を見事に演じきっていました。
彼の表情の変化には注目ですね。


■最後に一言■
いやぁ、ジュリアン役のジュリアン。
これにはうけちゃいました。なんか狙った訳じゃないですよね。


■作品情報■
製作:2006年 イギリス
上映:109分
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/キウェテル・イジョフォー


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
  パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド・・・評価  3.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
“深海の悪霊”、デイヴィ・ジョーンズの心臓が、東インド会社のベケット卿の手に渡り、デイヴィ・ジョーンズはベケットと手を組むことに。
彼らが手を組んだことにより、海賊達は滅亡の危機を迎えようとしていた・・・。


■感   想■
公開前から楽しみに楽しみにしていた作品です。
実は6月1日・映画の日に観に行く予定にしていたのですが、お流れになり、先週末やっとこさ鑑賞することができました。既に映画を観た友人曰く「期待していたのに・・・」ということだったので、あまり期待し過ぎないよう鑑賞することにしました。

ネタバレありです

いやぁ、友達と同じ感想でしたぁ(笑)期待し過ぎてはいなかったんだけどなぁ・・・。
前作までではわからなかったエピソードが本作品で解き明かされていくのは観ていて面白かったし、いつもの小ネタも面白かった!!!私の大好きなお猿のジャックも大活躍だし、ラストでの攻防戦はドキドキ・ハラハラ!!!
だけど、なんかやたらに長かったような気がしたし、あれもこれも~ってな具合に色々なエピソードを詰め込みすぎていたような~。
皆さん同じように感じたと思うのですが、あの9人の海賊達の登場に意味はあったのでしょうかっっ。
しかも戦闘シーンに彼らが参加しているかと言えば、ただ見ていただけ・・・。
結局、いつものように戦うのはジャック達じゃん。
なもんで、ジャック達の勝利に喜ぶ彼らの姿を見ても「ふ~ん」って感じでした。

一番、私が心残りだったのは、デイヴィ・ジョーンズとティア・ダルマの恋の行方。
結局、デイヴィ・ジョーンズは死んじゃったんだけど、それをティア・ダルマがどう受け止めたのかが気になりました。
あとは、あんなに恐れられているデイヴィ・ジョーンズが人間にいいように使われていたり、登場回数が少なかったりと不満が残りました。
なぜかと言うと、ただ単に私がデイヴィ・ジョーンズ演じるビル・ナイが好きだからなんですけどね(笑)


■最後に一言■
今回ジャックの父親が初登場します。
って言うか、ジャックの両親は既に他界していると思い込んでいた私(恥)
父親を演じているのは、キース・リチャーズ。彼はローリング・ストーンズのメンバーだったんですね。後で知ってビックリしちゃいました!


■作品情報■
製作:2007 アメリカ年
上映:170分
監督:ゴア・ヴァービンスキー
出演:ジョニー・デップ/オーランド・ブルーム/キーラ・ナイトレイ/ジェフリー・ラッシュ/ビル・ナイ


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。