B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ファイナル・デッドコースター・・・評価  4

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
高校の卒業イベントで、ウェンディ達は遊園地を訪れた。
ジェットコースターに乗り込んだ彼女は、自分達の乗るジェットコースターが事故でクラッシュする予知夢を見てパニックになり、乗車を拒否。
そして実際に事故が起きてしまうのだった。


■感   想■
実は、このシリーズを観るのは本作品が初めてでしたので「前回と同じような展開だった・・・」というネット批評よりは面白く鑑賞することができたと思います。
今までに観たホラー映画とは少し違い、主人公達を追い詰めているものが何なのか。
形として現れていないだけに、迫り来るものがあった気がします。
初めは、遊園地のジェットコースター登場口のモニュメントの悪魔が、彼らを翻弄しているのかと思ったのですが、そうでもないみたいですね。
翻弄していたのは、死から逃れられない運命。ってことなのかな。
初めて観るタイプの映画でしたので、新鮮に感じました。

FINAL DESTINATION 3 01

ただ、彼らの死にゆく様がグロイ。
この手の映画だから仕方ないのですが、「痛い、いたい。イタイっっっ」と感じる場面が何度も登場し、ちょっとクラクラしちゃいました(苦笑)
同じコースター系で、ハラハラさせられた作品がもう一つ。
山田 悠介さんの『ジェットコースター』という短編小説です。
こちらもドキドキさせられちゃうので、小説好きな方は一度読んでみてください~。


■最後に一言■
本作品を観るにあたって、前シリーズを観ておいた方が良いのかなぁと思いつつ鑑賞したのですが、特に観なくてもOkでしたよん。


■作品情報■
製作:2006年 アメリカ
上映:93分
監督:ジェームズ・ウォン
出演:メアリー・エリザベス・ウィンステッド/ライアン・メリマン/クリスタル・ロウ


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。