B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Wallace & Gromit The Curse of the Were-Rabbit  ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!・・・評価  4

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
“巨大野菜コンテスト”を目前に、畑を荒らすウサギが大発生。
発明家ウォレスと相棒グルミットは野菜を守るため、夜な夜なウサギ退治に追われていた。
そんな中、巨大ウサギが出現し、今まで以上に畑が荒らされだしてしまう・・・。


■感   想■
予告を観て、すこぉし気になっていた映画です。
たまたま友人がDVDを持っていたので、飛びついて借りちゃいました~。
本作は、『ウォレスとグルミット』シリーズ待望の初長編作となります。
実はワタクシ、ウォレスとグルミットってよく知らなかったんですよ(汗)
おとぼけ発明家ウォレスと名犬グルミットのコンビのお話なんですね。

この作品のスゴイところは、粘土の人形達を1コマづつ撮影する手法で、企画開発から完成まで約5年かかったということ。 それが粘土とは言っても実に表情が豊かで、ビックリしちゃいました~。
特に私が好きだったのはグルミット。グルミットに台詞はないのですが、台詞がないのにもかかわらず、表情一つ一つがとても豊かで、ちょっとした感情も伝わってきて、その表情がなんとも言えず愛らしいんです。
ストーリーはいささか、ちびっ子向けでしたが、5年近く費やした素晴らしい映像と、ウォレスの面白い発明、グルミットの愛らしい表情で、4点をつけさせていただきました~♪


■最後に一言■
トッティントンのウォレスに対する女心の移り変わりが、すんごく笑えました~。


■作品情報■
製作:2005年 アメリカ/イギリス
上映:85分
監督:ニック・パーク/スティーヴ・ボックス
出演(声):ピーター・サリス/レイフ・ファインズ/ヘレナ・ボナム=カーター/ピーター・ケイ


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。