B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団・・・評価  4
  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
ホグワーツ魔法魔術学校の5年生になったハリー。
ヴォルデモートと戦ったハリーは、最近、ヴォルデモート復活の噂を聞かないことに気付く。
そんな折、魔法省は学校にお目付役として新しく防衛術を教える教師を送り込むのだった・・・。


■感   想■
今まで読んだハリポタシリーズの中で、あまり好きではないお話、それが不死鳥の騎士団でした。
なんかピンとこなくって・・・。
そんな気持ちで鑑賞したせいか、そこまで面白いと感じられず(汗)
一緒に観たハリポタ好きの友人は「面白かった」と言ってたんですけどね~。

個人的に、原作で描かれている登場人物達の感情の動き。
そこが一番面白いと思っているので、映画でその感情部分が簡略化されていると、少し物足りなく感じちゃうんですよねぇ。
しかも、映画の流れをスムーズにってことはわかってるんだけど、細かい部分が原作と変わっちゃってる。それが少し悲しい・・・。うぅぅぅ。
でも、2冊にわたる原作をうまくまとめていたので、テンポよく話は流れ、あっという間の138分。
そう考えると、やっぱ面白かったのかな?(苦笑)

今回は、前シリーズまでに出てこなかった登場人物がたくさんでてきます。
ハグリットの弟。シリウスの従姉妹。そして、魔法省から来たドロレス・アンブリッジ先生。
シリウスの従姉妹を演じたヘレナも良かったのですが、やはりドロレス・アンブリッジ先生役のイメルダ・スタウントンがいい味出していましたねぇ。
私のイメージしていたアンブリッジとは違っていたのですが、彼女はこの役にピッタリだと思いました。
あの、しゃっくり!?もナカナカ良かったしね~。

次回作の『謎のプリンス』
この巻が大好きなので、早く続きが観たいっ。 
今から次を待っている気の早い私です(笑)


■最後に一言■
いやぁ、どんどんネビルは大きくなってますねぇ。
あのちびっ子だった頃が嘘みたい(笑)
でも成長したネビルが、なぜかルー大柴さんにしか見えませんでした(笑)


■作品情報■
製作:2007年 イギリス/アメリカ
上映:138分
監督:デヴィッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン/ゲイリー・オールドマン


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。