B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  手紙・・・評価  4.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
弟の大学進学のための学費欲しさに盗みに入った兄。
だが、その屋敷で誤って人を殺してしまい、服役することに。
その弟の直貴は、大学進学も諦め、工場で働く。直貴の夢は幼なじみの祐輔とお笑いでプロになることだった。だが、毎月刑務所から届く兄の手紙が彼を現実に引き戻す・・・。


■感   想■
友人・陳さん(←あだ名です。笑)絶賛の映画です。
私自身、本作については、お兄ちゃん役を演じる玉山鉄二さんが刑務所にいて、弟役の山田孝之さんと手紙のやりとりをするってことくらいしか知識がありませんでした(:^^
なんせ弟役の山田孝之さんがあまり好きではなかったので、スルーするつもりでしたが、陳さんが「これ良いよ」と貸してくれたのです。
借りたものの、しばらくは手つかずだったのですが、あまりの絶賛振りに、腹を決めました。笑。
鑑賞日は、キャンプ帰りであまり寝ていなかったのですが、一緒に行った旦那さんや友達を含め、ラストまで、一気観。あんなに、みんな眠いって言っていたのに。笑。
それほど、惹きこまれる作品だったんです。
弟を大学進学させたくて、犯罪を犯してしまった兄。その兄をもつ弟の苦労。
でも、ただのメロドラマとかお涙頂戴ものでは決してありませんでした。
身内に犯罪者を持つ家族達への差別というものを、真剣に正面から描いていたと思います。
昔、連続幼児殺害事件の犯人に対して、その残虐な犯行に衝撃を受けたことがありました。
彼の家族に対しても「同じDNAが入っているのだから、ちょっと怖いな」と感じたことも、正直あったんです。ですが、その後の過熱報道で、彼自身よりも彼の家族がひどい目にあったことを知りました。その時に初めて感じたのです。彼が犯罪を犯した原因は家族にもあるのかもしれないけど、その家族にも自分達の道があるということ。家族が犯した犯罪ではなく、彼の犯罪は彼自身のものであるということ。
今、簡単に人が殺される怖い時代になりましたよね。一昔前は、日本が一番安全だ・・・なんて言われていたのに。そんな時代だからこそ、この映画が観て、みんながもう一度、人を殺めてしまうことについて、もう一度考えて欲しいなと思いました。
映画のテーマの感想で、肝心の中味についての感想がなくなっちゃいましたが(汗)、玉鉄さん、そして山田孝之さんが演じてる兄弟の心の葛藤が伝わってくる作品なので、未見の方にはお勧めの作品です。


■最後に一言■
沢尻エリカちゃんのお母さんぶりがはまっていたのにはビックリでした。
彼女、まだ若いのに、服装や髪型であんなに変わるものなんですね。


■作品情報■
製作:2006年 日本
上映:121分
監督:生野慈朗
出演:山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ/吹石一恵/尾上寛之


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。