B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
the holiday  ホリディ・・・評価  4.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
ハリウッドの映画予告編製作会社・社長アマンダと、ロンドン郊外に住む新聞記者・アイリスは、クリスマス直前にそれぞれ恋に破れる。
そんな中、ネットを介して気分転換にと、しばらく家を交換をすることに。
アマンダはロンドンに、アイリスはビバリーヒルズに旅立つのだが・・・。


■感   想■
劇場公開された時、気になっていた作品です。
というのも、劇場公開前にTVで本作の紹介番組を見た時「面白そうだなぁ」と感じたから。
同じ事を旦那さんも思ったようなのですが、ちょうど自分達の結婚式の前後でバタバタしていたので、お流れに(悲)
だもんで、レンタル開始日を心待ちにしていました。

映画の内容は、恋に破れた主人公達が気分転換にと、お互いの家を交換したのだが、そんな彼女達の前に新たな出会いがあり・・・というもので、お互いの家を交換するっていうのに、すんごく新鮮味を感じました。しかも、どちらの彼女の家も魅力的なんですよね。快適さや住みやすさ・・・そして豪華さから言えば、キャメロン・ディアス演じるアマンダの家。子供心ならず大人心(笑)をくすぐるお家がケイト演じるアイリスの家。
それぞれの家に魅力があって、お家を見ているだけでも面白かったな~。
お家だけではなく、アイリスを演じていたケイトにも魅力を感じました。
恋をするフツーの女性を演じていたのですが、そのフツーさに共感できたんですよね。
好きな男性に利用されていると、気持ちのどこかでわかっているのに、それを信じたくない女心がすごくすごく伝わってきました。特にアイリスがジャック・ブラック(恋愛映画にジャック・ブラックって、意外な組み合わせが新鮮で面白かったなぁ~。でも流石はジャック。レンタル屋でのシーンはかなり笑えました~。)演じる作曲家のマイルズに、失恋した時の気持ちを語るシーンなんて、最高!!!
彼女の語りに「そうなのよ。失恋した時って、ほんとそんな気持ちになるのよ」と、遠い昔、失恋した時のことを思い出したりもしました。
反面、アマンダを演じていたキャメロンのあの無意味に明るい演技が受け付けませんでした。
最近のキャメロンって、あんな演技多くないですか???ちょっと、わざとらしい演技というか。この映画でキャメロンの演技を初めて観たのなら、ハマリ役だと感じたのかもしれませんが(苦笑)


■最後に一言■
いやぁ、アマンダとアイリスの元?彼を、メジャーなあの俳優さん達が演じていました。
細部に至ってまで豪華キャストだなぁ・・・と感じてしまいました(笑)


■作品情報■
製作:2006年 アメリカ
上映:135分
監督:ナンシー・マイヤーズ
出演:キャメロン・ディアス/ケイト・ウィンスレット/ジュード・ロウ/ジャック・ブラック


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。