B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
the reaping  リーピング・・・評価  3.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
大学教授のキャサリンは、人々が“奇跡”だという現象の真相を科学的に調査していた。
そんな彼女に不可解な出来事が起こる小さな町の住人から調査の依頼が・・・。
その依頼内容とは“ひとりの子どもが死に、川の水が血に変わっていた”というものだったのだが・・・。


■感   想■
予告でイナゴの大群を観た時から「面白そうだから、絶対観よう」と思った本作品。
劇場で見逃してしまったので、DVDで鑑賞することに。

ワタクシ、おおまかなストーリーすらも、映画鑑賞前にあまり把握しないようにしているので、本作もただのホラーかなと思っていました。
聖書ネタだったのですが、聖書や宗教がよくわからない私にも、わかりやすい内容だったし、キャストも最近、DVDレンタルしてお顔を拝見した俳優さんがメインだったので、そこも良かったな(笑)
主人公・キャサリンを『ブラック・ダリア』のヒラリー・スワンク。キャサリンに町の怪奇現象の解明を依頼するダグ役に『氷の微笑2』のデヴィッド・モリッシー。そして少女・ローレン役を『チャーリーとチョコレート工場』のアンナソフィア・ロブが演じています。
特にデヴィッド・モリッシーは『氷の微笑2』での、ラストシーン。あの謎めいた表情がなんとも言えず、気になっていた俳優さんだったので、本作でまたお目にかかれたのは嬉しかったですね。
そして、主人公・キャサリン役のヒラリー・スワンクは『ブラック・ダリア』の時とは、髪の色も違い、全然印象が違っていたし、少女・ローレン役においては、『チャーリー・・・』の時のあの生意気な少女の印象と全然違います。しかもラストまで、ほとんど喋らない。
台詞はないけど、存在感バッチリ。すごい子役です!!!!
そんなローレンがラストで見せるあの表情。なんとも言えずに良かったですねぇ(笑)
肝心のストーリーですが、犯人について、なんとな~く予想がついていたので、わかった時にはやっぱりなって感じでした。
だけど、そこに至るまでの経緯や、全容に対しては予想もしていなかった内容だったので、ビックリしちゃいました。


■最後に一言■
う~ん、(関係ないのに)一番被害をこうむったのは、コスティガン神父だったような気がするのは私だけでしょうか・・・(笑)


■作品情報■
製作:2007年 アメリカ
上映:100分
監督:スティーヴン・ホプキンス
出演:ヒラリー・スワンク/デヴィッド・モリッシー/アンナソフィア・ロブ/イドリス・エルバ


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。