B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  夕闇にベルが鳴る・・・評価  1

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
トリシアはベビーシッターのアルバイトをするため、とある豪邸に赴く。
その豪邸の娘を寝かせ、すっかり寛いだ彼女だったが、突然、携帯に非通知の着信音が鳴る。
それは、無言のまま切られた悪戯電話で、その後、執拗にかかってくるのだった・・・。


■感   想■
いやぁ、面白そうだと思ってレンタルしたのに、鑑賞して5分も立たない内に後悔・・・。
すごく、すごぉく画面が見づらいんですよ。
演出で全体的に暗めにしているのでしょうが、目を細めて見ないとよく見えないし。
でもせっかく借りたので最後まで観ることにしたのですが、内容的にもどこかで一度は目にした事のあるようなものだったし、出ている役者さんにも華がない。

ここからネタバレありです。

特に倒れそうだったのが、犯人・・・。
っていうか、動機がわかっても、「そ・・・そこまでする必要があるの?」って感じ。
主人公を好きになってしまい、でも彼女からは拒絶されてしまう。
その葛藤から、自身の奥さんや子供達を殺すという行動に出たっていうものなんだろうけど、そこまでした犯人の気持ちがいっこうに伝わってこないし、自身の子供をあんな風に殺すなんて信じられないの一言。演出とは言え、いかがなものかなぁ。
っていうか、そこまでするんだったら、もっと犯人に深みをもたせるか、もしくはもっと早く動機を明かして不気味に主人公に恐怖を迫らせた方がかえって良かったのでは・・・とまで思っちゃいました。
いくら低予算で作った作品とは言え、ちょっとあんまりかな。

特に面白くもなく、ワタクシ的に一番の見所は、主人公の彼氏が犯人に顔を切られてしまっても頑張っている姿くらいだったような気がします。


■最後に一言■
っていうか、犯人は事前に相当な下調べをしたのでしょうか?
あまりにも行動が俊敏すぎるような~。


■作品情報■
製作:2006年 アメリカ
上映:87分
監督:ピーター・マーヴィス
出演:レベカ・コーチャン/ロバート・バックリー/マーク・アーヴィンソン/サラ・ホール


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
midnight run  ミッドナイト・ラン・・・評価  5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
元警官でバウンティ・ハンターのジャックは、横領犯・デゥークとニューヨークからロスまでを飛行機ではなく、別の方法で横断するはめになる。そんな二人の前にFBIや同じくバウンティ・ハンターのマーヴィンが現れ・・・。


■感   想■
いやぁ、久しぶりに面白い映画を観た!って感じでした。

いつものごとく内容もわからずにTV放映されたものを録画したのですが、しょっぱなロバート・デ・ニーロが登場した瞬間、彼が苦手な私は、「アイタタタタ、やられたぁぁぁ」とションボリしちゃいました。
しかも古い作品だし(苦笑)

だけど、映画を観ていく内に、段々と面白くなってきちゃって笑)
本作は、警官を辞めバウンティ・ハンターとなったジャックが保釈金金融のエディから横領犯のデュークを探すよう依頼を受け、彼をニューヨークからロスへと連れようとする道中を描いたものなのですが、このニューヨークからロスへの珍道中がとくにかく面白いんですよ。
期待していなかったから、更に面白く感じたのかもしれませんが(;^^A
なんと言うか、登場人物同士のやりとりが面白いんですよ!
主人公・ジャック役のロバート・デ・ニーロと、同じくバウンティ・ハンターのマーヴィン役・ジョン・アシュトンとの掛け合いがすんごくいい感じで面白いんですよ。思わずプッと笑ってしまう感じ。
この二人以上に面白いのが、ジャックとデューク役・チャールズ・グローディンの掛け合い!

ここからネタバレありです。

この映画の魅力は、登場人物達の面白い掛け合いだけでなく、二人がロスに向かうまでに色々と起きるハプニング、そしてなんと言っても一番の魅力は、初めは心が通わなかったジャックとデュークがドタバタ大陸横断の際に心を通わせていく様だと思います。

ジャックが大事にしていた調子の悪い腕時計。 「なぜ新しい時計にしないのか?」という問いをかけるデゥークに理由を語るジャック。
理由を話したジャックにデゥークがハッキリと「諦めろ」という言葉は、「諦めるな」という言葉より心に響きました。
そして、そしてラスト、空港のシーン。
ジャックと同じく(笑)予想もつかない出来事にビックリ!そしてしんみりきちゃいました。
「なんだかいいなぁ・・・」って感じ。
デ・ニーロが苦手な私だったのですが、この映画はとても面白かったです!


■最後に一言■
いやぁ、飛行機の中で煙草を吸っていい時代だったんですねぇ。
今観ると不自然な感じがしますね(笑)


■作品情報■
製作:1998年 アメリカ
上映:126分
監督:マーティン・ブレスト
出演:ロバート・デ・ニーロ/チャールズ・グローディン/ヤフェット・コットー/ジョー・パントリアーノ


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。