B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
I AM LEGEND  アイ・アム・レジェンド・・・評価  4

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
2012年。癌の特効薬として開発された薬が人類を死滅させてしまう原因となる。そんな中、たった1人、科学者のロバート・ネビルだけが生き残る。彼は孤独と闘いながら、3年という長い月日を愛犬サムとともに、他の生存者の存在を信じて無線で交信を続けるのだが・・・。


■感   想■
この映画の事を知ったのは、劇場予告にて。
廃墟と化したニューヨークの街。とても興味をそそられました。
しかも公開日は私の誕生日で、主役はお気に入りの俳優、ウィル・スミス。
「これは公開当日に観なければ!」と意気込んでいたのですが、公開間近に観たTVでの予告にビックリ。『ロード・オブ・ザ・リング』のスメアゴルしかり、『ディセント』の地底人?のような人達が画面一杯登場してるんですけど・・・。これは一体???
私が勝手に思っていたストーリーは、地球に隕石が落ちて、主人公一人生き残ったのだが、そこから這い上がって・・・なんてものだと思っていました。誕生日にふさわしく、前向きの映画だと思っていたのですが、ゾンビもどきがたくさん出ているのは「ナゼ???」状態(笑)

ネタバレ有りです。

いやぁ~、映画を観てそのゾンビもどきが何なのかわかったのですが、先日『バイオハザードⅢ』を観たばかりだったので、多少かぶった感が。 しかもリーダー格の男が吼えるシーンは『ランド・オブ・ザ・デッド』を思い出しちゃったし、ゾンビもどきがネビルの家を登っていくさまは、『サウンド・オブ・サンダー』の未知なる動物達を思い出し、初めてネビルがゾンビもどき集団に遭遇してしまうシーンは、『サイレントヒル』の看護婦軍団を思い出してしまいました(;^^A 
正直、他の映画の1シーンが浮かんできてしまうオリジナルティが薄いものに感じてしまったんですよね。そして気になる点も幾つか・・・。
ウィルスが拡散して3年後の世界を描いていたのですが、彼がどうやって3年もの間生き残ってこれたのか?や、廃墟と化した街で電気やガスが使えるのはなぜ?(電気は自家発電なのかな?)、ゾンビもどきのあの超人的なパワーはどこから?(だって元人間でしょ)、シカや鳥達は感染しなかったの?など、私自身、納得できない部分があった気がしました。

だけど映像はすごかったです!!どこまでがCGでどこまでが本物なのか私には全然わかりませんでしたし。ウィル・スミスの演技もナカナカでした。
迫力もあったしね!
ストーリーやラストは「う~ん」ってな具合でしたが、映像やウィル・スミスの演技は堪能できると思います!なので評価は甘めかもしれませんが4ということで~。


■最後に一言■
ネビルの愛犬サム。
彼がまたいい演技をしていますよね~(笑)


■作品情報■
製作:2007年 アメリカ
上映:100分
監督:フランシス・ローレンス
出演:ウィル・スミス/アリシー・ブラガ/ダッシュ・ミホク/サリー・リチャードソン


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。