B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  椿山課長の七日間・・・評価  4.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
デパートに勤める椿山課長は、勤務先で脳溢血のため突然死してしまう。
だが、現世に未練を残していた椿山。
3日間だけ現世に戻ることになったのだが、現世での姿は、生前の姿とは似ても似つかない絶世の美女だった!!


■感   想■
思っていた以上に面白かった作品でした。
ただ西田敏行さん演じる椿山課長が死んでいたというのが予想外。
よくある入れ替わりというものかと思っていたのですが、まさか西田さんが伊東美咲ちゃんになっちゃうなんて驚きですよね(笑)

ここからネタバレありです。
面白かったのは面白かったのですが、当初、美咲ちゃんの演技に・・・となっちゃいまして。
やっぱり男の人を女の人が演じるって難しいと思うんですよね。
それが明確に現れていたような気がして、正直いたかった。
(映画後半はだいぶん慣れてきたんだけどね~)
だけど、周りのベテラン俳優さんがうまくサポートしていたような気がしました。
椿山課長を演じた西田さんはもとより、椿山課長に好意を寄せていた知子を演じた余貴美子さん。姿形は女の子だけど、自分の息子だと気がついた母・市川静子を演じた市毛良枝さん。
特に市毛さんのあのなんとも言えない表情にはノックアウトでしたね。
そんな中で一番のお気に入りは、あの世の管理人?マヤを演じた和久井映見さん。
あのさわやかさが良かったんですよね~。冒頭シーンで、死者達に説明する姿はさわやかかつキビキビとした感じで、彼女にピッタリの役だと思いました。
俳優陣もさることながら、ストーリーも面白かったです。
タイトルにある七日間という期間ではなく、映画で描かれていたのは三日間だったのですが(原作では七日間なのかなぁ・・・)、現世に戻った3人のその後をうまくまとめていたような気がしました。
椿山課長の災難は(おじいちゃんの件は予想外でしたが。笑)ある程度読めていたのですが、まさかこの3人の中でつながるストーリーがあるとは予想もできませんでした。
そして、姿形ましてや性別や年齢も違う3人に周りの人々が気づくシーンは号泣でしたし。

原作は『地下鉄(メトロ)に乗って』『憑神』の原作者でもある浅田次郎さん。今度は原作を読んでみたいと思いました。


■最後に一言■
いやぁ、武田と椿山課長のラブシーンは笑えました。
実際は違うと思っていても笑えたんだよなぁ・・・。


■作品情報■
製作:2006年 日本
上映:118分
監督:河野圭太
出演:西田敏行/伊東美咲/成宮寛貴/和久井映見/志田未来


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。