B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  半落ち・・・評価  4

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
元刑事で警察学校教官の梶が自首。
その内容とは「妻を殺した」というものだった。県警刑事部・志木が取り調べにあたるが、妻を殺した後の2日間の行動について、梶は口を閉ざしているのだった。


■感   想■
本作を鑑賞前に思ったこと。それは映画タイトルの『半落ち』って、どういう意味?
映画鑑賞後、HPで調べてみたら、それは警察用語で、“容疑者が、容疑を一部自供するも、完全には自供していない状態を指す”というものでした。
ちなみに、完全自供のことは「完落ち」というらしいです。

この映画の主人公・梶聡一郎が妻を殺害後、自首してきたところからはじまるのですが、ただの殺人ではなく嘱託殺人。嘱託殺人とは依頼されて殺すこと。アルツハイマーという病気をわずらった妻から「まだ自分自身をもっている内に殺して」と言われ、殺してしまうのです。
アルツハイマーっていう病気は残酷だと思います。
自分の知っているその人ではなくなってしまうから。
私の大叔父もこの病気をわずらってしまい、死んだ人のことがわからず、その人が生きているかのように話していました。その姿は、本作に出てきた妻とオーバーラップ。
ニュースで、看病に疲れた家族が殺してしまうのを耳にしますよね。
体力的にも精神的にも疲れ果ててしまったのだと思います。
誰が悪い訳でもないのに、悲しい結果になってしまうことは心が締め付けられる思いがします。いつ自分がその立場になるかもわかりませんしね。

映画の前半は、警察と検察の紛争のシーンが多く「実際もこのようなことがあるんだろうなぁ」と感じました。
きっと私達一般庶民が知らないだけなんでしょうね。妙にリアルでした。
そして中盤から後半にかけては、主人公が妻殺害後2日間の行動を黙秘する理由に焦点があてられていました。
それにしても、主人公・梶を演じた寺尾聰さんってスゴイですよね。
前半なんて、ほとんど台詞がないのに、存在感抜群だし、表情がなんとも言えないんですよね。
小さい頃にTVで観た「ルビーの指輪」を唄っている寺尾さんの印象が大きかったので、こんなに演技のうまい方だとは思いませんでした。
そうそう、柴田恭兵さんもナカナカでしたよね。
どうしても『あぶない刑事』の印象がぬぐいきれなかったのですが、本作を観てそれが変わっちゃいました。


■最後に一言■
登場人物ですが、梶、志木、佐瀬・・・。
二文字苗字が多かった気が~。


■作品情報■
製作:2003年 日本
上映:121分
監督:佐々部清
出演: 寺尾聰/柴田恭兵/原田美枝子/伊原剛志/鶴田真由/吉岡秀隆


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
  時をかける少女・・・評価  4

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
高校生・紺野真琴は、とある事故をきっかけに、不思議な能力を持つようになり、彼女は叔母の芳山和子に相談。
彼女が得た能力は、“タイムリープ”といい、過去に飛べるものだった・・・。


■感   想■
原田知世さん主演『時をかける少女』のアニメ版だと思って鑑賞。
だけど、鑑賞している内に内容が違うことに気づきまして(;^^A
どうやら、主人公・真琴のおばさんにあたる芳山和子。
彼女が実写版の主人公になるようですね。

ネタバレありです。

面白いやら面白くないやら、まわりの反応がわかれた作品だったので、期待せず鑑賞したのですが、それが良かったのか面白く感じました。
あの淡々と進む感じがなんだか心地よく感じたんです。
主人公・真琴の素直な気持ちもスゴク伝わってきましたし。
仲良し3人組。このままの関係で一緒にいたい。
そのためには、自分を「好きだ」と言ってくれた千昭の言葉をタイムリープしてなかったことにしたりして・・・。だけど、その千昭が自分の友達と付き合うことになるとおもしろくない。
そうして、その頃には、自分がタイムリープすることによって、様々な出来事が変化し、自分が良い思いをする分、誰かが嫌な思いをしてしまうことにも気づきはじめます。そんな真琴は、自分なりに考えて事がうまく運ぶように奔走。その奔走する様が一生懸命でかわいいんですよね。
そんな気づきを見せた真琴ですが、自分の体の変化にも気づきます。
腕の部分に浮かび上がってきた数字。その数字がカウントダウンされることに気づいた時に大事件発生。
そして、それは真実を知るキッカケになります。
その真実が思ってもいないような事だったので、ビックリですよ(笑)
「あ~、そういうことだったのね」って。
ラストは少し寂しい気持ちになりましたが、なかなか良い仕上がりになっていたと思います。

それにしても、いまだにタイムトラベルとかタイムリープって、途中で訳わかんなくなっちゃうんだよなぁ~(笑)
お恥ずかしながら、一度観ただけでは、ナカナカ理解ができない私です。


■最後に一言■
真琴が「人が大事な事を話してるのに、それをなかったことにしちゃうなんて・・・。なんでちゃんと聞いてあげなかったのかなぁ。」と話す言葉が、印象に残りました。


■作品情報■
製作:2006年 日本
上映:100分
監督:細田守
出演(声):仲里依紗/石田卓也/板倉光隆/原沙知絵/谷村美月/垣内彩未


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。