B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  エステラ・ウォーレンの 知られたくない私のヒ・ミ・ツ
  ヴァージン・ラプソディー・・・評価  2


  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
車の衝突事故で出会ったTVキャスターのトムにジーナはメロメロ。
だが、ちょっとしたアクシデントにより、トムがジーナがヴァージンだということをTV中継で暴露してしまう。
怒ったジーナは、二人で行くはずだったクルージングをキャンセルしようと旅行会社へ行くが、トムに二人分のチケットを取られてしまい・・・。


■感   想■
オープニングのアニメを観た時、面白そうかな~と思ったのに、実写になった途端、やばい香りが(笑)

ここからネタバレありです。

映画タイトルにある”知られたくない私のヒ・ミ・ツ”ですが、 確かに知られたくない秘密を彼氏からTVで暴露されるのは、厳しいですよね。
別にヴァージンが悪いことじゃないと思うのですが、やっぱり他の人に知られるのはイヤだなぁ。
だけど、若干タイトル負けしているような気が・・・(;^^A

逆に、この映画のいいところ!?は、ヴァージンだと暴露されたジーナを美人でスタイルのいいエステラ・ウォーレンが演じているってこと!
ジーナをキュートなエステラ・ウォーレンが演じ、トムを『ダークエンジェル』に出演していたマイケル・ウェザリーが演じていたのですが、この二人の喧嘩っぷりが、意外と面白かった。
ジーナとポールのラブ要素より、こっちの方が楽しめたような気が~。
特にマイケル・ウェザリーのオバカさんぶりがナカナカで、『ダークエンジェル』の時のイメージと全然違って面白かったです☆

本作は2度程鑑賞したのですが、2度目の方が面白かったですね。


■最後に一言■
ポールとトムの会話の中で、自分のことだとは思わずに、トムが自分のことをアホ野郎扱いするシーン。
オーソドックスな笑いですが、それでも笑っちゃいました。


■作品情報■
製作:2005年 アメリカ
上映:91分
監督: チャールズ・マッソー
出演:エステラ・ウォーレン/クリスチャン・ケイン/マイケル・ウェザリー/レイチェル・ドラッチ



人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。