B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hannibal rising  ハンニバル・ライジング・・・評価  3.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
1944年。リトアニアの名門貴族の家系に生まれたハンニバル。
だが、彼は戦争により両親を失ってしまう。
残された幼い妹ミーシャと山小屋で生活を始めたハンニバルだったが、逃亡兵達に占領されてしまう。


■感   想■
実は、このシリーズはとても苦手です・・・(;^^A
確か『ハンニバル』だったと思うのですが、レクター博士が“人”を調理したものを食べていたシーンがあって、それが未だに気持ち悪すぎて、ちょっと受け付けないんですよぉ。
本作は、友人が貸してくれたこともあり、観ることにしました。

借りてすぐに鑑賞したのですが、あまりの気持ち悪さにノックダウン。
なもんで、あまりちゃんと観ていなかったかも・・・。
レビューをupするにあたり、再度チャレンジすることに(笑)

buroguuuuu 026

  (幼い2人。
  後ろに見えているお城は、
  ハンニバルの家です。
  う~ん、名門貴族の家系に
  生まれたとあって、
  立派なお家ですね。)


前シリーズ(レッド・ドラゴンは未見)、うろ覚えだったのですが、レクター博士が人を食べちゃう猟奇的な人物って事だけは覚えていました。
本作は、レクター博士がなぜ猟奇的殺人を犯していくのかが明らかになります。
それは幼い頃に襲った悲劇。戦争で両親をなくし、心細くなったハンニバル達を逃亡兵が監禁してしまうのです。
buroguuuuu 025


その時、更なる悲劇が・・・。
そこからハンニバルの復讐が始まる訳ですが、この復讐方法がのちのレクター博士の異常とも言える行動につながるようです。彼のルーツがわかった作品でもありましたが、やっぱり復讐している場面はクラクラしちゃいましたねぇ。

buroguuuuu 027

そんなクラクラ度を救ってくれたのが、ハンニバルの妹を演じていた↑↑ヘレナ・リア・タコヴシュカちゃん。
超、かわいいんですよ。久しぶりにかわいい外人の女の子を発見しちゃいました(笑)


■最後に一言■
洋画を見る際に、私が一番苦手とするのが、日本を彷彿させている映画。
言いすぎかもしれませんが、日本がルーツだったり、日本の物が出たりすると、なんだか日本での興行収入upを狙っているような気がして・・・。(←考えすぎ?笑)
本作も日本の物がたくさんでてきましたし、ハンニバルの義理のおばさんにあたるレディムラサキも、どうやら日本人のようです。レディムラサキを演じたコン・リーさんがどうのではありませんが、せめて日本人に演じて欲しかったと思いました。


■作品情報■
製作:2007年 アメリカ/イギリス/フランス
上映:121分
原題:HANNIBAL RISING
監督:ピーター・ウェーバー
出演:ギャスパー・ウリエル/コン・リー/リス・アイファンズ/ケヴィン・マクキッド


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。