B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
about a boy  アバウト・ア・ボーイ・・・評価  3.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
38歳、無職、独身と3拍子揃っているウィル。
彼は父親がヒットさせたクリスマス・ソングのおかげでお気楽な印税生活を送っていた。
独身貴族で恋愛を楽しんでいた彼が次に狙ったのはシングルマザー。
シングル・ペアレントの会に潜り込んだ彼は、とあることから少年マーカスと出会い・・・。


■感   想■
私の中で、主人公・ウィルを演じたヒュー・グラントは、年をとっても、永遠のラブコメ主演俳優だという位置づけが(笑)
40歳過ぎても現役バリバリ。なんかスゴイですよね!

ABOUT A BOY 01

本作は、38歳・独身・無職のウィルが色々な恋愛遍歴を経て、シングルマザーと恋愛しようと考えたところから始まります。そして、あるシングルマザーの息子・マーカスと出会い、色々な経験を重ねていくうちにウィル自身の気持ちに変化がでてくるというもの。

ネタバレありです。

この展開だと、マーカスの母親と恋愛し、ラストはハッピーエンドで終わりそうなものなのですが、この作品ちと違うんですよ。そこがとても良かった。
ありきたりな展開で終わらないんだもの。でも、マーカスとの心の交流はしっかりとあるんですよね。
そのマーカスが自分の母親のために、歌った歌も良かった。
それも校内のロック・コンサートで、かの名曲“優しく歌って”を歌うんですよ。
ロックのコンサートで、その曲を歌うと恥をかくと思ったウィル。ウィルがマーカスにプレゼントしたCDのようにラップ系を歌うように変更させるのかと思いきや、あの名曲を2人で歌い、自分が笑われ役に徹するなんて、思ってもみなかった。
そして、母親のために歌った歌がしっかり彼女の心にも伝わっていたのも良かったです。
この母親を『シックス・センス』でも主人公の母親を演じたトニ・コレットが好演しています。
ほんと、トニ・コレットってこれまたいい味出してるんですよぉ。

私は、ウィルとマーカスのふれあいのシーンも好きでしたが、母親を思うマーカスの純粋さがとても好きでした。


■最後に一言■
ウィルが惹かれた女性・レイチェルをレイチェル・ワイズが演じているのが、なんか笑えました~♪♪♪


■作品情報■
製作:2002年 アメリカ
上映:100分
原題:ABOUT A BOY
監督:クリス・ワイツ 、ポール・ワイツ
出演:ヒュー・グラント/ニコラス・ホルト/トニ・コレット/レイチェル・ワイズ


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。