B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL  インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
  ・・・評価  4

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
1957年。 大学で考古学を教えているジョーンズ博士の前に一人の青年・マットが現われる。彼と共に超常現象的なパワーが宿っているという”クリスタル・スカル”を求め、旅立つことになるのだが・・・。


■感   想■
1週間前、劇場へ観に行ってきたのですが、面白かったですよ~。
最近、トイレが近いので(妊婦は仕方ないらしいのですが。笑)、2時間ちょっと我慢できるだろうかと不安に思いながらも鑑賞。ですが、その2時間ちょっとがアッという間でした。
前作から18年後という設定の本作、さすがに前シリーズをおさらいした直後、鑑賞に臨んだ私にとって主人公・インディはちょっとおじいちゃんっぽく見えてしまいました(;^^A
ですが、ですが、ストーリーが進んでいく内に、そんなこと忘れちゃうくらい、インディにはまっちゃうんですよね~。不思議(笑)

INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL 01

今回の相棒は『レイダース 失われたアーク(聖櫃)』に登場したマリオンとその息子・マット。インディシリーズでは、インディとその仲間のやりとりには笑わせてもらうのですが、今回もモチロン笑わせていただきました。 この3人の軽快なやりとりが面白いんですよね。
そして、インディ達の仲間と敵対するのがロシア軍。
このロシア軍の一人・イリーナをケイト・ブランシェットが演じています。
彼女って作品によって、本当に違う人みたいですよねぇ。
『ロード・オブ・ザ・リング』の時にもすごく感じたのですが、その役にはまっているというより、その役はケイトしかいないって感じ!!

面白い作品だったのですが、私的に微妙だったのは、スカルの存在。
「えっ、結局、○○オチですかぁぁぁ」って、ちょっとガックリしちゃいました(;^^A


■最後に一言■
シリーズをおさらいしなくても十分楽しめるのですが、ところどころに前シリーズを思い出させてくれるシーンがあるのは、嬉しいサービスかも♪♪


■作品情報■
製作:2008年 アメリカ
上映:124分
原題:INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:ハリソン・フォード/シャイア・ラブーフ/カレン・アレン/ケイト・ブランシェット/ジョン・ハート


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。