B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ubumenonatsu  姑獲鳥の夏・・・評価 1.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
昭和20年代末の東京。とある大病院に奇妙な噂がたつ。
なんと院長の娘が20ヶ月もの間妊娠しており、その夫が忽然と姿を消したという。さらにこの病院で新生児が姿を消したり、元看護婦が謎の死を遂げる・・・。


■感   想■
思っていたより全然面白くなかったですね。
予告を観てホラーだと思っていたのですが、ホラーではなく謎解きでした。
映画の出だしに京極堂演じる堤真一さんの長台詞があるのですが、何しろ一度聞いただけでは理解不能。それを延々と話されるので、いささか飽きてしまいました。
小説だと文字を追っていくし、わからなければ読み返せば良い話ですが、映画となると・・・。
ホラー仕立にしたいのか、謎解き仕立にしたいのかの方向性も私にはわかりませんでした(苦笑)
と言うことで、あんまり面白くなかったのでDVDを借りられる方は新作料金で借りないことをお勧めします(大笑)


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
京極夏彦の世界が好きな方にはうけたのかな~ちょっと難しいですよね。
堤真一は良かった。「この世には、不思議なことなど何もないのだよ、関口君」って台詞はきまっていましたね。
2006/01/26(木) 22:57:57 | URL | コロ #-[ 編集]
うわ~。この映画にコメントもらえて嬉しいです。
私の周りは誰も観てなかったんで(笑)
堤真一さんのその台詞、なかなか決まってましたよね。

個人的に関口君が主役なのか、京極堂が主役なのか、よくわかりませんでした(笑)
2006/01/27(金) 12:30:17 | URL | チャラノリ #-[ 編集]
おじゃまします
おじゃまします。
この映画、やはりこちらでもイマイチ評価ですね(私は観ていません)。
小説はわりと面白いのでオススメです。
中古屋さんとかで探してみては如何でしょうか?
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
2007/06/12(火) 12:44:46 | URL | ピロEK #F4qIJJbY[ 編集]
こんにちは~。
v-22ピロEKさま
うん、そうなんですよ~。
映画、イマイチでした(悲)
原作は面白いんですね?
題材とかは面白いと思ったので、やはり小説の方が良いのでしょうね。
今度、探して読んでみま~す。
2007/06/12(火) 17:47:10 | URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/101-c8a99055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
本日{/kaeru_fine/}はダミアンの誕生日です。まずは…先日「エラゴン」の記事の前文で書いた「サソリの標本」のお話の続き。ミチさんから気になるという、ありがたいコメントを頂きましたので種明かしをば。中にこういうバネが入っていて(ゴムは捻ってある)、紙を開けてい
2007/06/10(日) 18:13:59 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。