B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND top  エターナル・サンシャイン・・・評価 4

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
自分の消してしまいたい記憶だけ消去できる治療で、別れた恋人クレメンタインが自分の記憶を消してしまったと知るジョエル(ジム・キャリー)。
頭にきた彼は、自分もクレメンタインの記憶を消そうとするのだが・・・。


■感   想■
『マスク』で初めてジム・キャリーを観たとき、すんごくかっこいい俳優さんだと思いました。
それ以降は「・・・」でしたけど(苦笑)
今作品で『マスク』以来、あらためて彼のかっこよさを感じました。
シリアスな役だったからかなぁ(笑)

話の展開ですが、時系列がよくわからなくて、はじめは理解するのに???でした。
ラストまでいくと、「あ~そういうことだったんだな」と理解できるんだけど。
正直、まわりくどく感じるシーンもありましたし、内容的にはもうちょっとスッキリ仕上げて欲しかったかな。

ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND 01

ですが、出演役者さんはスゴイと思いました。
主演のジム・キャリー、ケイトをはじめ、イライジャなど、それぞれの代表作品のイメージを感じさせることがなかったんです。
ケイトは『タイタニック』の印象、イライジャは『ロード・オブ・ザ・リング』のイメージが強かったんだけど、2人とも全然前の役のイメージがなく、新しい役にもピッタリはまっていました。
ジム・キャリーも、いつものおふざけがなく、全然違っていましたしね。
3人とも本物の役者さんだなぁっと改めて感じました。


■最後に一言■
ヴァレンタイン時季の物語なので、今の季節に観ると良いかもです!
ケイトのおてんば娘ぶりもナカナカですしね~。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
イライジャ・ウッドは「ロード・オブ・ザ・リング」の後で、イメージ変えようとしてたから、ちょうど良い作品になったんじゃないでしょうか。
2006/09/07(木) 23:06:06 | URL | カヌ #-[ 編集]
こんにちは~。
v-22カヌさま
コメントありがとうございます。
イメージチェンジと言えば、「シン・シティ」ご覧になりましたか?あれでも、めっちゃチャンジしていましたよね(笑)
あの役は、最高に良かったなぁ・・・。
2006/09/08(金) 13:00:12 | URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/114-75b9c914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
バレンタイン前に別れてしまったジョエル(ジム・キャリー)とクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)。仲直りをしようとジョエルはバレンタインのプレゼントを持って彼女に会いに行くが、まるで知らない人にあったような態度をされ、しかも新しい彼氏までできていた。実
2006/09/07(木) 23:02:19 | the borderland 
監督ミシェル・ゴンドリー&脚本チャーリー・カウフマンという、「ヒューマン・ネイチュア」のコンビによる第2弾。何を書いてもネタバレになってしまうような物語構成なので内容についてはあまり詳しく書かないけれども、別れた恋人の記憶を消すために科学療法を受けること
2006/09/13(水) 22:35:32 | King inK
{amazon} 映画『エターナル・サンシャイン』バレンタイン目前。ジョエルは不思議な手紙を受け取る。「クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願いします。ラクーナ社」このような内容の
2006/11/28(火) 12:27:27 | 悩み事解決コラム
何を書いてもネタバレしそうなので、あまり書けない。つまりは別れてしまった恋人との記憶を消そうとする男のお話。その理由や経過、結果はやっぱり言えない、とにかく観てとしか。前日(オラフ伯爵)とは別人にしか見えないジム・キャリーの普通演技、他のコメディア....
2006/12/01(金) 13:43:01 | ロハンのゲロゲログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。