B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ザ・インタープリター・・・評価 4

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
国連で同時通訳の仕事をしているシルヴィアは、アフリカの小国マトボ(架空の国)の大統領が国連で演説のため渡米する際に、暗殺されるという情報をひょんな事から聞いてしまう。
その事により、シークレット・サービスのトビンがシルヴィアを護衛するのだが、彼女は不可解な行動をとる。


■感   想■
実は、二コール・キッドマンとショーン・ペンが出ている映画ということしか知らず(映画の内容を知らなかったので。苦笑)、初めストーリーが全然わからなくって、理解するのに時間がかかりました。
しかも二コールとショーン・ペン以外の役者さんをあまり知らなかったので、誰が誰なのか全然わかんなく混同しちゃったりもしました(苦笑)

THE INTERPRETER 01

この作品、世間では酷評されているようですが、私的には面白かったです。
良い意味での緊張感がずっと続いていたし、二コールとショーン・ペンの表情がとても良かったと思います。(おまけにニコールはめちゃめちゃキレイだし。笑)
ですが「復讐」がテーマであろうこの作品。他の事も前面的に出ていたような気がして、そのテーマが少しぼやけたような感がありました。撮影が始まった当初、脚本が完成していなかったというから、ある意味しょうがないのかな。逆に脚本が完成していないのに、ここまで創り上げたということは凄いのかもしれませんね。

見所は、やはり!!
実際にニューヨークの国連本部内で撮影されたことですね。
てっきりセットだと思っていたので、ビックリしました。
一度は撮影することを断られたらしいのですが(建物を営利目的に使うのは禁止なので)、監督が説得し、実現したようですね。
そう言えば、監督もこの作品に出演してますよ。さすが元役者さんだけあって、演技はナカナカだったかな。


■最後に一言■
ニコール演じるシルヴィアが「復讐」や「死んだ人」について語る台詞が、とても心に残りました。


人気blogランキングへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
TBありがとうございました!
私もこの映画、面白いと思いましたよ。ほんと二コール・キッドマン美しかったですよね!ショーン・ペンもいい味出してたと思います。
では、また訪問させていただきますね。
2006/04/25(火) 17:07:23 | URL | bridge2006 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
こんにちは~。
こちらこそコメントありがとうございます。

>面白いと思いましたよ
ほんとですかぁ。
ネットで他の方は酷評されていたので、見解が違うものだなぁと思っていたところです。
嬉しいです。同じ感想でv-344

また、いつでも遊びに来てくださいねっ。私もお邪魔させていただきます。
2006/04/26(水) 08:50:00 | URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/168-5392cf7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
すごい寒い。まだ真冬じゃないのに{/face_hekomu/}いや、もう真冬なの??{/face_hekomu/}今朝は車に雪が積もってました{/face_hekomu/}今も寒いです。雪マーク→{/kaeru_snow/}置くほどの悪天候でもないんですけど…{/face_ase2/}そんなことはさておき、今日はちょっとぶり
2006/04/25(火) 23:53:07 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
悲しい過去を背負う国連通訳のシルヴィアは、マトボ共和国の大統領・ズワーニの暗殺計画を知ってしまったことをきっかけに自らも殺し屋たちから命を狙われることになる。 あまり期待してなかったけれど、ありがちなストーリーの割にはまぁまぁかなと・・・国連...
2006/04/26(水) 18:24:02 | 映画鑑賞★日記・・・
ザ・インタープリター監督:シドニー・ポラック出演:ニコール・キッドマン , ショーン・ペン , キャサリン・キーナー , アール・キャメロン , シドニー・ポラックStoryニコール・キッドマンとショーン・ペン共演による愛と感動の
2006/04/29(土) 14:59:05 | ちつ子の調教シネマCAFE
レンタルで『ザ・インタープリター』を鑑賞。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 簡単なあらすじ 国連で
2006/07/26(水) 23:14:03 | しましまシネマライフ!
ザ・インタープリターこんなに贅沢な共演は、すごい。今、勢いがある男優と女優。期待が高まった。政治的な要素とそれ以外の要素が存在して、その関わりがこの映画の一番の見せ所。少し気難しい登場人物と、理解がちょっと難しい映画内での出来事。微妙。...
2006/07/31(月) 22:25:14 | mountain77 D.Reverse side
ザ・インタープリターアフリカのマトボ共和国。独裁的な大統領ズワーニが治めるこの国では民主化を目指す多くの活動家の命が無惨に奪われていた。そこに生まれたシルヴィアは現地のクー語の通訳としてニューヨークの国連本部で働いていた。そんなある日シルヴィア....
2006/08/04(金) 23:55:04 | とりあえずな日々(仮)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。