B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ロンドン27日共同】世界的ベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの著者J・K・ローリングさんは26日、英民放「チャンネル4」で、主人公のハリーを含む2人の中心的人物が完結編の第7作で死ぬ運命にある可能性を示唆した。
ローリングさんは、1作目が出版される前の1990年ごろに完結編の最終章を書き上げたと話し、「シリーズがどう終わるか正確に知っている」と強調。その上で「最終章をほんの少し変更した」とし、登場人物の1人は死を免れるが、当初予定していなかった2人が死ぬことになることを明らかにした。
 ローリングさんは、他の作家に作品を盗まれないよう、著者が主役を死なせる気持ちは十分理解できると説明。しかし「嫌がらせの手紙を受け取りたくない」と述べ、それ以上の言及は避けた。
(Yahooニュースより)



う~ん、びっくりしました。
中心人物の2人っていうと、直感的にロンとハーマイオニーが浮かんできました。
ですが、私の予想では、このどちらか1人と、ダンブルドア校長のような気がします。

ハリポタシリーズも回を重ねるにつれ、だんだんダークになってきているので、この登場人物2人の死は、ある意味納得できますね。
それにしても誰なんだろう。
最終話で死ぬとはなっていても、やはり寂しい気がします。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ええ!
チャラノリさんこんばんは!

えええ!
中心的人物が二人…ですか?!!汗)
ダンブルドア先生には死んで欲しくない~(><)
ヴォルデモートとハリー、っていう選択肢はナシですかね(笑)
↑ダンブルドア先生はかばうくせに、主人公はどうでもいいヤツ…
ハリポタは人がどんどん死んで行きますね。。。
なんだかもう「児童書」とは呼べない気が…(汗)
2006/06/27(火) 20:36:37 | URL | わさび #Mo0CQuQg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/28(水) 07:02:28 | | #[ 編集]
ビックリでしょぉぉぉ
v-22みどりわさびさん

こんにちは。
このニュース、びっくりでしょ。
私も、ダンブルドア先生には、死んで欲しくないんだけど、なんとなく話の流れ的に、そうなりそうな気がしたんです。

>ヴォルデモートとハリー、っていう選択肢はナシですかね(笑)

そういう手(笑)がありましたね。
最近のハリーは、どんどんイヤな感じになっちゃってますもんね。
自己中心的というか(;^^A

著者が「子供向けに書いた本ではないです」と語っていましたが、最近の傾向からすると納得できます。
でも、日本では「児童書」の認識っぽいですよね(笑)
2006/06/28(水) 12:28:38 | URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]
カギコメさん
こんにちは。
そうですかぁ・・・。
とても残念です(悲)
2006/06/28(水) 12:30:44 | URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/214-03c2fba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ハリーポッター最終章「Harry Potter and the Deathly Hallows(原題)」がアメリカの初版本の発行部数が1200万部と、史上最高のになりました。日本では、10万部でヒットといわれるので、ケタ違いですね!人口数の違いといえばそれまでですが、日本でも大人気のハリーポッタ
2007/03/21(水) 22:20:10 | ニュースな出来事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。