B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
timeline top  タイムライン・・・評価

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
フランスのドルドーニュにある発掘現場で、14世紀の地層からクリスの父親・ジョンストン教授の眼鏡と「助けて」と書かれたメモが発見される。


■感   想■
ポール目当てで劇場へ行きました(笑)
う~ん、でもこの映画だと主人公クリスを演じたポールより、マレクを演じたジェラルド・バトラー(『オペラ座の怪人』でファントムを演じた彼です)の方が、かっこ良かったなぁ。
クリスは頼りにならないお坊ちゃまって感じでした(悲)

この作品、主人公達が14世紀にタイムスリップしちゃう話です。
この手の話(タイムスリップ&トラベル系)って面白いんだけど、たまにこんがらがっちゃったりしませんか?(私だけかな?苦笑) しばらく「え~っと・・・」とか考えちゃったりして、気がつくとストーリーがどんどん進んでいるので、更に???(笑)

この作品、タイムスリップできる理屈はよくわかんなかったけど、それ以外は「あ~、なるほど。こんな風にこの出来事があの出来事と繋がっていくのね」って感じで、展開的には面白かったです。
テンポもいい感じでしたし、原作は「ジュラシック・パーク」でおなじみのマイケル・クライトンとだけあって、内容もしっかりしている作品でした。


■最後に一言■
フランソワ役の彼、すんごい良い味がでていたと思います。
あのオドオド感。まるで、のび太を彷彿させていたような~(笑)


■作品情報■
製作:2003年
上映:116分
監督:リチャード・ドナー
出演:ポール・ウォーカー/フランシス・オコナー/ジェラルド・バトラー/ビリー・コノリー


人気blogランキングへ←気にいってもらえたら、クリックお願いします

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
マイクル・クライトンの作品は理屈っぽい部分が少なくない上に長いので、これを2時間程度の映画にまとめるのは難しいとは思いますね。
この作品はその「濃さ」が足りず、説明不足の感もあるのですが、娯楽作品としての水準はキープしていて楽しめるものになっていると思います。

それにしてもジェラルド・バトラー、ここまで「来る」とは思いませんでした(苦笑)。
2007/09/29(土) 10:19:26 | URL | エクスカリバー #-[ 編集]
エクスカリバーさま
こんばんは。
こちらこそご訪問ありがとうございますv-10
マイクル・クライトンの作品って、映画は観たことはあるのですが、原作を読んだことがないんですよ~。

>理屈っぽい部分が少なくない

うぅぅ。それは手が出しにくいかもです(笑)

>ここまで「来る」とは思いませんでした(苦笑)。

ですよねぇ。
『トゥーム・レイダー2』の時は、ただのおじさん程度にしか感じなかったのですが~(苦笑)


2007/10/04(木) 23:03:22 | URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/221-6900dee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今日8月14日{/kaeru_fine/}のスケジュールは、お昼は奥さんの実家でお盆の食事会。夕方からは、子供二人と一緒に、美術館に行ってきました。美術館はリバーウォーク北九州にある「北九州市美術館分館」というところ。開催されていたのは「小松崎茂展」。(「この胸いっぱい
2006/08/26(土) 09:13:47 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
量子テクノロジーを駆使して開発された時空間転送装置によって、百年戦争真っ只中の14世紀のフランスへ運ばれてしまった考古学者たちの大冒険譚。如何にもテクノロジー派クライトンらしい作品の、『13ウォーリアーズ』以来となる映画化作品である。監督は『オーメン』、
2007/09/17(月) 21:44:52 | 【徒然なるままに・・・】
「ジュラシック・パーク」の原作者マイケル・クライトンの同名小説を『リーサル・ウェポン』シリーズのリチャード・ドナーの監督で映画化。中世の遺跡を発掘していた若い考古学者...
2007/09/28(金) 22:55:54 | けろにあ・みだすのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。