B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  佐賀のがばいばあちゃん・・・評価 4.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
戦後間もない広島に住む明広は、母の元を離れ佐賀にある祖母の家で暮らすことになった。 現役の掃除婦として働く祖母は、古くなった家で一人暮らしをしていた。広島から到着したばかりの明広を迎えた祖母は、長旅への労いもなく離れの小屋に連れていき、明日から自分でご飯を炊くようにと火吹き竹を手渡すのだった。


■感   想■
うちのオカンが以前より「観たい、観たい」と言っていたのですが、すでに1日1回の上映&隣の市の映画館で朝8:50~の上映ということもあり、スルーしてました。
「DVDで許してもらおう」と思っていた矢先、2週間限定で地元の古~い映画館で公開されるようになりました。
本当に古い映画館なので、定価で観るのは絶対に嫌で(笑)、一昨日のレディスデーにお休みをいただいて行ってきたのですが・・・

案の定、
ボロ過ぎです・・・(悲)

まず、待合場所にクーラーがなかったので、暑かった。
窓開放&扇風機ですよ・・・。昭和の世界です。
さすがに劇場内には、クーラーが入っていましたけど(;^^A

ありえないことがもう一個。
劇場内のスクリーンの横にトイレが・・・。スクリーンの横ですよっっっ。
上映中、トイレに行く人達で、何度も明かりが漏れました(悲)

そんな中で観た映画ですが(前置きが長くなっちゃった。)映画自体は面白かったです。
流石、話題性があっただけありますね。
「ALWAYS」とは、違った良さなんですよ。
実際、その時代に生きていなくても、その時のその人の心情がスゴク伝わってくるし。
フツーの生活(ただし、極貧ですが。笑)を描いているだけなのに、ホッとさせられたり、ジーンときたり、時にはうなづけるようなことがあったり。
すごく自然体な映画だったと思います。

出演者の方も豪華でした。吉行和子さん、浅田美代子さん、工藤ゆきさん、緒方ケンさんetc・・・
特に、映画タイトルにある「ばあちゃん」演じる吉行和子さんの演技が最高だった。
この女優さんって、こんな役でもハマリ役になるんだ(インテリのイメージしかなかったので。苦笑)ってな位に、本当にこの役にピッタリだったと思います。
また、ばあちゃんが話す言葉が素敵なんですよね~。
特に「悲しい話は夜するな。どんな辛い話も昼にしたら、たいしたことはない」っていう言葉は、すごく印象に残りました。確かに、考えてみれば、そうですよね(笑)
他にも、いろんな名言があり、ばあちゃんの言葉だけで、メチャメチャ楽しめましたぁ。

残念だったのは、成長した主人公を演じた三宅ゆうじさんのシーンかなぁ。
個人的に冒頭シーンだけの出演でよかったのでは・・・と思いました。
な~んか、ちょこちょこ出したのが、かえってイマイチだったと思うんですよねぇ(;^^A & ラストも、あっさりし過ぎていたと思うので、評価は満点にしませんでした。
ですが、吉行さんの演技は最高ですし、お勧めの1本です!!!


■最後に一言■
原作の島田洋七さんが、本当におばあちゃんの事を大事に大事に想っていたのが、すごく伝わってきて、そこにも感動しちゃいました。


■作品情報■
製作:2006年
上映:104分
監督:倉内均
出演:吉行和子/浅田美代子/鈴木祐真/池田晃信/池田壮磨



人気blogランキングへ←参加しています。気にいってもらえたら、クリックお願いします


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです^^
チャラノリさんこんにちは~
この映画、父が観たがってました。
私は興味が無かったので、普通に聞き流してたのですが(^^;
良い映画だったんですね~
昭和を舞台にした映画って、雰囲気が優しいというか…ほっとさせられますよね^^

…調べたら、今中部地方はどこもやってないみたいです。。。(死)
下旬になればやるみたいなので…夏休み課題の息抜きに(笑)
2006/08/12(土) 13:03:10 | URL | わさび #Mo0CQuQg[ 編集]
好評価バンザイ!
僕は佐賀人なんで嬉しいな~
って観てませんが、レンタルします。
知ってる場所が出てくるだろうから、楽しさ2倍かな。佐賀弁にちょっと違和感は感じるだろうけど・・・

話はガラリと変わりますが、オダギリジョーさんは日本のジョニーデップになるんでしょうか?まだまだかな?
2006/08/13(日) 21:24:38 | URL | イカ太郎 #X.Av9vec[ 編集]
おひさしぶりです!
v-22みどりわさびさん
こんにちは!
夏休み、楽しんでますか???

この映画、親くらいの世代の人が観たいと思う作品なのかもしれませんね~。

>下旬になればやるみたいなので…
そうなんですか???
まだ上映予定があるんですね。
すごいなぁ。
うちの地元の映画館は、いつも1~2ヶ月遅れで、どの映画も上映されるんですよ(;^^A

1,800円出して観るには、ちと高いと思いますので、レディスデーにでもいかがでしょ(笑)
2006/08/16(水) 12:29:36 | URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]
そうなんですか???
v-22イカ太郎さん
おぉ~、イカ太郎さんも九州人でしたかぁぁぁ。
更に親近感が!!!(笑)
昔はよく嬉野に行っていたのですが、最近は呼子や唐津に行っていますっ(><)
佐賀って良い所ですよねっっっ。

>オダギリジョーさんは・・・
オダギリジョーさんは、仮面ライダー時代から大好きな俳優さんです。
最近の活躍はスゴイですよね。

>日本のジョニーデップになるんでしょうか
ぜひとも、そうなって欲しいです(笑)
2006/08/16(水) 12:33:36 | URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/247-64098697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ぼっけぇばあちゃんと周囲の人々の人情に泣かされる。B&Bの漫才そのままにギャグ満載の映画・・ではなくて、悲しくて可哀想で、泣ける映画だ・・ 明るい貧乏を自称する佐賀のばあちゃん、弁当には梅干しと生姜という貧乏な割に、古いけれども大きな家に住み、野球のスパ
2006/08/27(日) 18:02:22 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
「がばい」は、佐賀の方言で「凄い」だったのですね。「がばい」 = 「やばい」 かと思っていました。
2007/11/26(月) 06:55:22 | ゼロから
佐賀のがばいばあちゃんあらすじ戦後間もない広島に住む明広は、母の元を離れ佐賀にある祖母(吉行和子)の家で暮らすことになった。感想島田洋七のベストセラーの映画化。明るい貧乏のススメあの時代に比べ、今は豊かになったがそれと引き換えに失った心の豊かさを気付か...
2008/03/06(木) 19:25:22 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
 『笑顔で生きんしゃい!』  コチラの「佐賀のがばいばあちゃん」は、島田洋七の自伝的ベストセラー小説を映画化したヒューマン・コメディです。ドラマ化もされていましたが、こちらは映画版ですね。ドラマ版、原作は未見です。  だけど、散々島田洋七本人がTVでがば...
2008/03/06(木) 19:51:20 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
島田洋七原作のベストセラー小説の映画化。キャストは吉行和子、工藤夕貴、鈴木祐真ほか。 あらすじは・・・ 戦後間もない広島。原爆症で、早く父親を亡くした明広は、居酒屋で働く母親に育てられる。しかし、夜の仕事をしながらの子育ては難しく、母親は、明広を佐賀の...
2008/03/06(木) 20:14:53 | Yuhiの読書日記+α
JUGEMテーマ:映画 ビンボーにも暗い貧乏と、明るい貧乏があるんですね! 2006年6月3日公開作品
2008/03/07(金) 09:01:57 | UkiUkiれいんぼーデイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。