B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




中盤までは面白かったのですが、ラストがなぁ・・・。
「×ゲーム」「親指さがし」のような感じの終わり方です。
これで終わったわけじゃないぞ・・・みたいな。
「親指さがし」のラストは個人的に好きですが、本作品については、微妙かな( ̄∇ ̄;)
もう少し、ひねりがあっても良かったような気がします。


発売:文芸社
著者:山田 悠介
発行:2003年11月



人気blogランキングへ←参加しています。気にいってもらえたら、クリックお願いします
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/258-888ffc9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
トモダチに進められて山田悠介の「×ゲーム」を読みました。いままで、京極夏彦漬けにあっていた私には新鮮な本でした。内容はまぁよくありがちな復讐劇ですねちょこっとグロい表現なんかもあって痒くなったりもしましたが、一時間ほどで読み終わりました。リアル鬼ごっこは
2006/09/02(土) 20:16:46 | 女子高生shihoの徒然草♪
山田悠介原作小説を映画化。転校先で“あそこの席”と呼ばれる呪われた席をあてがわれた少女に起こる恐怖を描いた学園ホラームービー。阪田瑞穂、細田よしひこほか出演。
2006/10/05(木) 09:31:53 | DVDジャンル別リアルタイム価格情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。