B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
yougisha muroi shinji top  容疑者 室井慎次・・・評価 3.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
新宿で起きた殺人事件で、捜査本部長を務めていた室井慎次。事件は被疑者が逃走中に事故死して決着したが、室井は疑問を拭いきれず捜査を続行する。その頃、被疑者の母親が捜査の行き過ぎを指摘し、室井を告訴した。室井の弁護についたのは、津田法律事務所の新米、小原久美子。名うての弁護士集団を率いる灰原弁護士を相手に、久美子は室井の釈放に奔走するが、その頃警察機構内では意外な思惑が交差していた…。


■感   想■
う~ん。
「面白かったのは、面白かったんだけど・・・」って感じです。
予告が、すんごく面白そうだったので、かなり期待大だったのがいけなかったのかなぁ??
期待しなければ、それなりに楽しめたと思うんですけど。

まぁ、毎度のトリオが笑わせてくれてので、良しとしますか(笑)
私は『交渉人 真下 正義』の方が好きです。

(後日鑑賞時の感想:2008年10月鑑賞)
いやぁ、昔はレビューが短めだったとは言え、我ながら感想らしい感想じゃないなぁと思ってしまいました。(笑)
昨年、TV放送され、録画したものをようやく鑑賞したのですが、劇場で観た時より楽しんで観れた気がしました。あの時、感じたように、個人的には『交渉人 真下 正義』の方が好きなことに、かわりありませんが・・・。
本作は、室井さんが主役ということで、今までの『踊る・・・』シリーズとは、少し違うテイストでした。
全体的に重みがあるというか、ちゃらけたムードがないんですよね。
常に緊迫している感じ。
単純明快な映画が好きな私ですので、劇場での鑑賞時には、本作の緊迫あるというか真面目な雰囲気というか、それについていけなかったのかもしれません。
なもんで、あの3人トリオが出てきた時には、笑えたというか、ある意味、ホッとしちゃいました。
あらためて鑑賞してみると、登場人物の一人一人に個性があり、また脇役でもしっかりとした人物像が描かれていたと思いました。
噛めば噛むほど美味しいスルメのように、観れば観る程、面白い映画なのかもしれませんね。


■最後に一言■
弁護士・灰島がやっていたゲームについてたキーホルダーって、電車の形なのかなぁ??
『交渉人 真下 正義』の犯人の車についていたキーホルダーと似ているなぁ・・・と思ったのですが。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/28-52171d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
はらです(≧Д≦ノ)ノ見たよ~。ようやく昨日、見て参りました。『容疑者 室井慎次』
2005/10/16(日) 17:28:41 | henachoco
{amazon} 待ちに待った『容疑者 室井慎次』を観ました。ネタバレ要注意なので、これから観る予\定の人は読まないで下さい。 率直な感想、感涙した。映画館というライブ会場の中で涙している人がいるとその共鳴効果が相互連関しあって、自分にも
2006/11/28(火) 12:24:29 | 悩み事解決コラム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。