B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LIZARD WOMAN top  トカゲ女・・・評価 1.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
タイ北部のとある洞窟。
地質学者一行が落とした木箱から、邪悪な霊が解き放たれてしまい、一行は奇怪な出来事に襲われる。
同じ頃、ホラー作家のクワンは、宣伝の為にやってきたチェンマイの民芸店で小さな木箱を買って以来、周囲で奇妙な現象に襲われる。


■感   想■
わかっちゃいるけど借りちゃうんだよなぁ、B級映画って(;^^A
しかも新作料金で借りちゃいましたよ、『トカゲ女』
またキャッチフレーズがそそるんですよね~。“10分前は人間だった”って(笑)

この作品、タイホラーなんですが、まぁそこそこ観ることのできる作品です。
以前観た『デビルズ・ブライド』なんて最悪もいいところだったもんなぁ。
まぁ、B級なんでツッコミどころは満載ですが(笑)

ストーリーは、主人公の小説家の周囲で奇妙なことが起こる。
それはトカゲに咬まれた人々が次々に他の人を襲う・・・というものです。
これまたトカゲがわんさか出てくるのですが、ほとんどが作り物(笑)
バレバレなだけに、かなり笑えるんだよなぁ、子供の工作みたいで。
だけど、主人公達は恐怖におののいてるの!!!
それがかなり笑えます。
トカゲはほとんど作り物と言いましたが、中には本物も。
DVD特典で撮影風景があり、本物のトカゲも写っていたのですが、ちょっとかわいそうな感じがしました。無理やり演技させられてるみたいで(;^^A

冒頭シーンは、なぜか日本人の研究者・前田教授が登場します。
「なぜに日本人?」と思っちゃいました。 
また、この日本人研究者の妻(しかも若くてキレイ)が、別に脱がなくても良いのに脱いじゃうお色気シーンが。
のちに主人公も着替えのシーンがあり、彼女も下着姿で登場するんだけど、別に脱いじゃわなくてもOKなんですよ、2人とも。こういうのが、嫌なんだよなぁ(-_-#) お色気シーンで稼ごうとする魂胆がみえみえな感じで・・・。

そんなこんなでラストを迎えるわけですが、予想もしなかった終わり方でした。
「えっ、えぇ~Σ(ŎдŎ|||) 」ってな感じ。
まぁ、これも有りなのかもしれませんが、ちょっとビックリしましたね。


■最後に一言■
う~ん。普通あんな汚れてそうな水で水浴びはしないのでは・・・。


■作品情報■
製作:2004年
上映:99分
監督:マノップ・ウドムデート
出演:ルンラウィー・バリジンダークン/ピート・トーンジュア/矢野かずき/斎藤華乃


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/305-6b70ab25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 おのれ、叶井俊太郎!今まであんたの買い付けてきた映画に僕はどれだけ泣かされてきた事か! 『クイーン・コング』とか『エイリアンVSヴァネッサ・パラディ』とかポスターやら予告編を観る限りではスッゲー面白そうなのに肝心要の映画の中身はというとダメだこりゃ!....
2006/11/06(月) 22:31:28 | 映画大陸
監督 マノップ・ウドムデート 主演 ルンラウィー・バリジンダークン 2004年 タイ映画 99分 ホラー 採点★★ イメージが恐竜と直結するせいか、子供の頃から案外トカゲが好きな私。ゲームはゲックスが好きでしたし。小学生の頃など通学途中でよくトカゲを捕まえ、筆箱にヒッ
2007/06/27(水) 20:36:36 | Subterranean サブタレイニアン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。