B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  あらしのよるに・・・評価  3

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
嵐の夜に出会ったヤギのメイとオオカミのガブ。
彼らは、種族の違いを超えて友達になるのだが、事実を知った仲間たちから猛反対にあう。


■感   想■
TV放送されたものを録画していたのですが、観ている途中で寝てしまったりとかで、いつも途中までの鑑賞で終わっていました。
春に録画していたので、かれこれ約半年。
いい加減、全部鑑賞しなくちゃ(笑)と思い、気合を入れて!?観ることに。

絵本が原作の本作品。
率直な感想ですが、短いお話を無理やり伸ばした感じがしました。
その為、前半は少々飽きてしまったりして(汗)
特にメイとガブのやりとりのシーンが長すぎるような・・・。
後は、声優(俳優)さんも私の中でイマイチだった方もいて。
中村獅童さん演じるオオカミのガブはピッタリだと思ったのですが、成宮君演じるヤギのメイがなんか気持ち悪くって、受け付けませんでした。
友情を描いたお話なのですが、メイの丁寧な話し方や、二人の友情という枠では収まらないようなお互いへの感情が、なんだか少し・・・だったんです。
そんなこんなでも、中盤あたりからは、だいぶん慣れてはきたのですが、慣れてきた頃に、ヤギのお頭が登場。このお頭の話し方がそれはもう棒読み状態で、誰が声を担当しているんだろう??と思っちゃいましたね。
で、エンディングロールで確認したところヤギのお頭の声は板東英二さんでした。
いやぁ・・・、いくら貫禄はあるとは言っても、棒読みはどうかと・・・。
そんな中で意外と良かったのは、ヤギのおばちゃん役のKABA.ちゃん。
さすが(笑)、おばちゃんって感じではまり役だった気がします。


■最後に一言■
メイの友達役を林家正蔵さんが演じていたのですが、特徴ある声なので、すぐわかっちゃいました。わかった瞬間から、もうヤギの後ろに林家さんの姿が見えるようで微妙でした(笑)


■作品情報■
製作:2005年 日本
上映:107分
監督:杉井ギサブロー
出演(声):中村獅童/成宮寛貴/竹内力/山寺宏一/市原悦子/小林麻耶


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/382-0a22724c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
あらしのよるにでの検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。
2007/08/21(火) 09:30:44 | 一語で検索
満月の夜に、オオカミが、あのまま・・息絶えたヤギを巣穴に運んで、満月を眺めながらゆっくりと食事する。そして目覚めて思い出す、すべてを・・ 大人が観る映画としては、そんなことフト思ってしまった。・・それほどに毒のない純血無垢なストーリー、・・・実際の映画で
2007/08/21(火) 12:50:26 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
2005年/日本 原作:きむらゆういち 監督:杉井ギサブロー  声:中村獅童、成宮寛貴 、竹内力 、山寺宏一 、林家正蔵、KABA.ちゃん、板東英二...
2008/04/15(火) 19:38:23 | BLACK&WHITE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。