B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ALADDIN  アラジン・・・評価  5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
貧しい青年・アラジンは、偶然、魔法のランプを手に入れる。
そのランプの精・魔人ジーニーは、3つの願いを叶えるという。
そこでアラジンは、ジャスミン姫の結婚相手にふさわしい王子になりたいと願うのだった・・・。


■感   想■
実は、その昔、ディズニー映画があまり好きじゃありませんでした(;^^
ミュージカルちっくなところがイヤだったんですよねぇ。
だけど、本作の劇場公開を知った時、なぜか「面白そうだな」と。
当時、映画は2本立て公開がほとんどで、本作は安達祐実ちゃん主演の『REX 恐竜物語』との2本立てでした。
友人は『REX・・・』が観たく、私は本作が観たいということで、意見が一致(笑)し、劇場に足を運ぶことに。
いやぁ~、映画館で観て正解でした。
画面一杯、躍動感あふれていて、観ていてほんと楽しく、思いっきり(笑)はまってしまいました。
誕生日プレゼントに、本作のビデオやサントラCDをプレゼントしてもらったり、トイざらすで、アブーの人形を買いまくったりだとか(笑)
そして、とうとう自身の結婚式&披露宴では、“ホール・ニュー・ワールド”をバージョン違いで3回も流しちゃいました(笑)
そんなに、はまっちゃった位、面白かったんですよ。
ストーリーも面白いのですが、登場するキャラクターに愛着がもて、しかも音楽も素敵。代表曲“ホール・ニュー・ワールド”を筆頭に、他の曲もすんごく良い。
ただ、残念だったのが、魔人・ジーニーを演じていたのがロビン・ウィリアムズってこと(苦笑)
すんごくジーニーのしゃべりを気に入ってただけに、彼が声を担当していると知ったときは、倒れるかと思いました。(私、ロビンがあまり好きじゃないもんで)
だけど、そんな苦手なロビン演じるジーニーが最高なんですよ、これまた残念ながら(大笑)

映画レビューも300作品目。その記念に本作品のレビューを・・・と思い、今までアップしませんでしたが、ここでは書ききれないくらいの感想があります。
冒険あり、魔法あり、ロマンスあり、友情あり・・・と色々楽しめる本作品。
ほんとにほんとにお勧めの1本です。


■最後に一言■
日本語吹き替え版で主人公・アラジンを羽賀研二さんが演じていたのですが、これが意外にも上手だったんですよね。本作は字幕版でも吹き替え版でも楽しめると思います。


■作品情報■
製作:1992年 アメリカ
上映:90分
監督:ジョン・マスカー/ロン・クレメンツ
出演(声):スコット・ウェインガー/リンダ・ラーキン/ロビン・ウィリアムズ/ギルバート・ゴットフリード


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/393-6fd30940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。