B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




数話観て、「やっぱり第一話が一番面白いなぁ」と思っていたのですが、ところがどっこい(笑)

第5話は、嘱託である小笠原さんが会社からクビを宣告される・・・というもの。
最初、大前さんはそのことに関して無関心で、それに腹を立てた東海林主任は大激怒。
だけど、その東海林主任に大前さんが言った言葉は
「ハケンは、3ヶ月に一度、リストラの恐怖にさらされている。あの人は会社に甘えて危機感がなさすぎた」というもの。
ほんと、ドンピシャリの言葉だったと思います。
人がいいだけでは、会社に残れない時代なんですよね。
だけど、周りの社員が辞めさせまいと奮闘する様や、無関心だった大前さんが・・・ってなるシーンが、ナカナカ良かったんですよ。

そしてラストシーン。
小笠原さんが大前さんに
「あーたにだけ言うけど、私、やっぱり次の更新しないことにしたよ」
という言葉に、大前さんが
「かっこよくスパッと会社を去るのはハケンの専売特許です。
社員なら社員らしく、会社にしがみついてください。」
と言うんですよね。
その大前さんの言葉にウルウルしている小笠原さんに、こっちまでウルウルしちゃいました。

PS:そっれにしても、小笠原さん役の小松政夫さん、ほんといい味でてますよねぇ!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/408-d811345b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。