B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  LOFT ロフト・・・評価  2

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
作家の礼子はスランプに陥り、執筆に専念できるよう郊外の一軒家に引っ越す。
そこで、向かいの建物に出入りする男を見かけるのだが、その建物は大学の持ち物で普段は人が出入りする場所ではなかったのだ。
その男は大学教授の吉岡で、沼から引き上げた千年前のミイラを無断で運び込んでいた・・・。


■感   想■
ミイラとか出てくるみたいで面白そうだし、キャストが豪華だし!!と思い、レンタルしたのですが・・・。

ここからネタバレ有りです。

いやぁ、観てビックリでした。ツッコミどころが満載すぎて・・・。
中盤まではソコソコ楽しめたのですが、途中から「どうしたんですか?」状態。
しかもですよ、主人公・礼子は、会って間もない吉岡から、「ミイラを預かってくれ」と頼まれ、これがまた預かってしまうのです。「なんで~???」 一般家庭にミイラを置いておくってどうなの???
吉岡が劇中で、「(本当は)特別な保存容器に(ミイラを)入れておかなくてはいけないんですけどね。彼女(ミイラ)にはふさわしくないような気がして」と、ちんぷんかんぷんな発言をしたりするんですよ、これがまた。
とても千年以上前のミイラを扱っているようには思えない。
「そんな扱いしたらミイラが壊れちゃうんじゃないの?」って感じ。
まぁ、そのミイラもいかにも造りものっぽくて微妙だったんですけどね~(笑)

そして殺された亜矢役の安達祐実ちゃん。彼女が幽霊役として登場するのですが、これが怖いというより笑えるんですよ(苦笑)
なんでだろうなぁ。驚くであろうシーンでも、なんか笑えちゃって。
そして一番笑えるのが、自分が亜矢を殺して埋めたのではないかと錯乱する吉岡と礼子が土を掘り返すシーン。土の中に亜矢が埋まっていなかった事で二人は喜びを分かち合うんだけど、その喜び方が半端じゃないというか(笑)
そしてビックリするのですが、その瞬間二人は恋に落ちるんですよ!
「なんじゃこれ・・・・。」
しかも喜びながら抱き合っている二人がかなり笑えます。変な音楽流れてるし・・・。完全に二人の世界で、台詞も変。

他にも、吉岡とミイラが戦うシーンは笑えます。
彼が襲ってきたミイラに発した言葉が「お前の運命に俺を巻き込むな」とか「動けるんだったら、最初からそうしろ」というもの(あぁ、どんどんネタバレしちゃってます。笑)で、動かないはずのミイラに一瞬おびえるだけで、あとは強気発言ですよ。しかも自分が研究しようとしたミイラに対して自分勝手ですよね~(笑)これはホラー映画ではなく、コメディですか????
ある意味、この映画で一番怖かったのは西島さん演じた木島幸一だったような気がするのはワタクシだけでしょうか・・・。

単なるホラー映画ではなく、死んで体だけになったミイラと、体はなく魂だけとなった亜矢、二人の対比も描かれていたのかもしれませんが、あんまり伝わってこなかったなぁ・・・。
独特の世界観もいいんですが、もう少し細かい設定をキチンとして欲しかったです。


■最後に一言■
礼子がなぜミイラと係わり合いになる前から泥を吐いていたのかが、最後までわかんなかったです。


■作品情報■
製作:2005年 日本
上映:115分
監督:黒沢清
出演:中谷美紀/豊川悦司/西島秀俊/安達祐実/鈴木砂羽/加藤晴彦


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/425-0f2a02e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 『その女は永遠の美を求めてミイラとなった。 千年の後、彼女は目覚め、そして私に呪いをかけた。 恐るべき永遠の愛という呪いを。』  コチラの「LOFT ロフト」は、9/9公開になったホラーからサスペンスへ、そしてラブストーリーへと変貌を遂げる黒沢清監督の3年ぶ?...
2007/12/22(土) 22:18:54 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
2005年:日本 監督:黒沢清 出演:中谷美紀、西島秀俊、大杉漣、豊川悦司、安達祐実、加藤晴彦、鈴木砂羽 将来を嘱望されている女性作家・春名礼子はスランプに陥り、担当編集者・木島の勧めで、東京郊外に引っ越しをする。森と沼と草原に囲まれて、ひっそりとたたず...
2008/01/09(水) 17:59:11 | mama
LOFT ロフト デラックス版黒沢清 (2007/02/09)ジェネオン エンタテインメントこの商品の詳細を見る 今日は黒沢清監督の最新作「LOFT ロフト」を観...
2008/01/12(土) 10:56:12 | 生まれてから今まで観てきた映画全部
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。