B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ショーガール・・・評価  4

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
ダンサーになることを夢見てラスベガスへ来たノエミ。
だが、ヒッチハイクした車の男に騙され、荷物をまるごと盗られてしまう。
困り果てたノエミの前に現れたモリー。彼女と友達になったノエミは、ある日、彼女の職場へ行くのだが、そこは最高級ホテルで“スターダスト”の一流ショーが行われていたのだった。


■感   想■
ゴールデンラズベリー賞で最低作品賞、最低監督賞をはじめ7部門を受賞した本作品。
正直そこまでヒドイ作品には思えなかったです。
ジーナ演じるクリスタルもそうでしたが、なんと言っても主人公・ノエミを演じたエリザベス・バークレイのダンスが素晴らしかったからです。
ダンス経験有りの彼女ですが、それでも頑張っているというのがすごく伝わってきたから。
しかも2人ともトップレス!!!あの脱ぎっぷりには脱帽でした(笑)

SHOWGIRLS 01

10年位前にビデオで鑑賞し、面白かった記憶があったので、今回TV放送されたのを再度鑑賞したのですが、さすがはTV放送。場面ごとの台詞がつながらない。あとで気がついたのですが、会話がかみ合わないのは、エッチなシーンの後(笑)。多分、すんごくカットされてたんでしょうね~。だもんで、余分な!?エッチシーンもなかったから、今回は純粋にダンスシーンを楽しめたような気がします。

残念だったのは、やっぱり主人公のキャラクターですかねぇ。
あの強気な性格はなぜなのかは、彼女の生い立ちにも関係あったのでしょうが、あまりにも自分勝手すぎるような気が~(苦笑)
ノエミの友人モリーが、彼女に振り回され過ぎていたような気がして可哀相でしたもん。
それでも、自分勝手なノエミを支えている。すんごく愛情深いんでしょうね(;^^A
そんなノエミ役のエリザベス・バークレイですが、本作が興行的にも大失敗し、一時行方知れずになったこともあるそうです。
それほど、この作品に対して情熱を持っていたんでしょうね。

“ラジー賞”を総なめした本作ですが、ベガスでのショーシーンは、見ごたえはあると思いますよん。


■最後に一言■
エリザベス・バークレイって、ちょっとした顔の角度がジェシカ・アルバに似いていたような気がしたのは私だけでしょうか~。


■作品情報■
製作:1995年 アメリカ
上映:131分
監督:ポール・ヴァーホーヴェン
出演:エリザベス・バークレイ/カイル・マクラクラン/ジーナ・ガーション/グレン・プラマー


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/430-df8a2d83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。