B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  武士の一分・・・評価  4

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
下級武士の三村新之丞は、藩主の毒見役を務めていたのだが、ある日毒見が原因で失明してしまう。
しかも、悲しい出来事は続き、妻の加世が島田藤弥と不義密通をしていたことを知る。
新之丞は、絶望のなか離縁を決意し、島田に果し合いを挑むのだった。


■感   想■
キムタク主演ということで話題になった本作品。
キムタクは苦手なので、観ようかどうか迷っていたところ、年末TV放送されると知り、さっそく録画。
でも気になって、結局は録画した翌日に鑑賞しちゃったんですけどね(笑)

感想は・・・と言うと。

これが意外に面白かった。
確かに決闘シーンなどは拍子抜けするくらいでしたが、全体的に淡々としていたところが、かえって私は好きだったかな。
そしてそして、苦手なキムタクですが、いつものキムタク節とも言える演技にもかかわらず、これがまた新之丞にマッチしている感じで良かったんですよ。
悲しみにくれるであろうシーンの後におどけてみせる新之丞の姿は、思わず演技だということを忘れて笑ってしまったし、また新之丞と徳平演じる笹野高史さんの掛け合いも良かったです。
皆さん同じように感じられたと思うのですが、この映画の良さを引き出したのは笹野高史さんのような気がしました。

ですが、映画の主軸であったであろう夫婦愛については、それほど心に響くものはなく~(;^^A
それが少し残念だったかも。


■最後に一言■
いやぁ~、小林稔侍さん演じる樋口があんなことになっちゃうとは・・・。
ビックリしちゃいました。


■作品情報■
製作:2006年 日本
上映:121分
監督:山田洋次
出演:木村拓哉/檀れい/笹野高史/坂東三津五郎/桃井かおり


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
『まるっと』の奈緒子です(*^_^*)

他の藤沢作品に比べると、私の中ではかなり劣ります。
キムタクのしゃべり方が、どうしても都会的になっちゃうんですよね。
あのズダズダの東北弁が聞けないと、
どうしても藤沢ワールドに浸れません(*_*)

ここのところ都合によりしばらくお休みしていたんですが
ニューパソと共に戻ってまいりました。
でも、ブログのほうは
もうしばらくお休みしようと思っています。
ホームグラウンドはなくなりましたが、
外野から、やいのやいのと遊びに来ようと思いますので、
本年もどうぞよろしくお願いします♪
2008/01/09(水) 19:09:05 | URL | 奈緒子 #-[ 編集]
奈緒子さま
お久しぶりですぅぅぅ。
何度か遊びに行ったのですが、ブログ自体がなくなってて、ビックリしてたところです!!
ブログはしばらくお休みされるんですね。
再開される際には是非是非ご連絡くださいな~♪

さてさて、本作ですが、ネット批評を見ると、奈緒子さんと同じように他の藤沢作品に比べるとイマイチとありますね。
私は、藤沢作品で初めて観たのが本作だったんで、それほど気にならなかったんですけどね(苦笑)

また是非遊びに来てくださいね。
今年もよろしくお願いいたします!!


2008/01/10(木) 19:56:10 | URL | チャラノリ #eVKBoOps[ 編集]
今年もよろしくお願いします!
奥様業を楽しんでいらっしゃいますか?

コブタもコチラ劇場でみたのですが、木村拓哉が思ったよりも鼻につかなくてよかったな~と思ってみてしまいました。

たしかに夫婦愛よりも、笹野高史さん演じる徳平とのそれぞれの絡みが好きでした。
日本の美徳というのを改めて思い出させてくれますよね(^^)
2008/01/15(火) 14:49:59 | URL | コブタです #-[ 編集]
コブタさま
こちらこそよろしくお願いしま~す☆
奥様業ですが、イマイチ楽しめてないような・・・。もしかしたら主婦には向いてないのかと最近感じています(;^^A

コブタさんも鼻につかなかった派ですかっ。良かったです。
あのキムタク演技が鼻につくと感じた人もたくさんいらっしゃるみたいだから~。

>日本の美徳
そうですよね。
主従関係とはいえ、お互いを信頼しきっている様は素敵でしたよね。
2008/01/16(水) 09:26:17 | URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]
他の藤沢作品をご覧になってないんですね。
『武士…』が面白いと思ったなら、
過去の作品も気に入ると思いますよ。

『たそがれ清兵衛』はキャストや空気感が素晴らしいです。
でも、ストーリー的には、
『隠し剣 鬼の爪』の方が好き。
どちらもかなり良いので、ぜひご覧になってください♪
2008/01/22(火) 20:16:36 | URL | 奈緒子 #-[ 編集]
奈緒子さま
そうなんですよぉ。
他の藤沢作品は未見なんですよね、お恥ずかしながら・・・。
『たそが清兵衛』は気になっていた作品なので、今度鑑賞してみたいと思います♪
2008/02/05(火) 11:28:15 | URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/435-ccb5eeec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
これは最後に泣ける映画・・物語の中核を成すはずの貞節を奪われるシーンとか離縁された後に何処で何をしていたのかとか、気になるが・・感動的な映画・・ 山形は庄内地方の三村新之丞(木村拓哉)は、三十石の下級武士で毒見役ながらも妻の加世(檀れい)と共に...
2008/01/10(木) 00:56:07 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
一分って、面目や体面のことですよねぇ~。 「武士の一分」って、いかにも 時代劇らしいタイトルですよね。 時代劇ってほとんど馴染みが ないんですが、「たそがれ清兵衛」は 結構おもしろかったし、今回無料券を いただいたので、鑑賞してきました。 山田洋次監...
2008/01/11(金) 23:43:21 | ルナのシネマ缶
「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」に続く山田洋次監督の時代劇三作目です。 前二作
2008/01/15(火) 14:29:33 | はらやんの映画徒然草
一ヶ月フリーパスチケットつかって観られる映画はすべて観るぞキャンペーン第10弾は「武士の一分」でした。 山田洋次監督の藤沢周平時代劇映...
2008/01/15(火) 14:52:27 | コブタの視線
 『人には命をかけても守らねばならない一分がある。』  コチラの「武士の一分」は、藤沢周平原作作品を山田洋次監督が描く三部作の3作目となる時代劇ムービーです。2006年12月に公開されたのですが、早々と年末にTVで放送してましたねぇ~。  「たそがれ清兵衛」、?...
2008/01/18(金) 20:32:27 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
2006年:日本 原作:藤沢周平 監督:山田洋次 出演:木村拓哉、桃井かおり、坂東三津五郎、小林稔侍、笹野高史、緒形拳 三村新之丞は近習組に勤める下級武士。毒見役という役目に嫌気がさしながらも、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。ある日の...
2008/01/22(火) 08:16:10 | mama
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。